« ドレスデンにて | トップページ | 世界は一つ »

2014年7月 4日 (金)

Dresdenを後に

 早朝から、何時の通り散歩である。ジョギングは出来ない。昨夜、風呂(タブに湯を張って)入ったが、失敗。滑って転んで、右の腰を眼から火花が出るほど叩きつけた。湯は、半分ほど溢れてしまった。

 散歩は出来る。腰を抑え乍ら。どぎつい真っ赤なけしの花が5輪ほど咲いていた。人の血を吸ったような赤色である。世界戦争の犠牲者の血を吸ったのだろうか?ドレスデンは、至る所に戦争の傷跡のモニメントが残っている。

 アムトラックが、実に整備されている。便利だろう。しかし、知らない人は、日本の地下鉄のように複雑である。乗りこなすには1年はかかるだろうか?

 サッカーにキチガイの人が多いのだろうか、車にドイツ国旗をはばたかせている。TVでは、亀を使って戦局の占いを絶えず流している。フランスとの試合は、亀が場外に逃げたが、ドイツの旗の元に戻って来て、奇跡的に勝つだろうと、騒いでいる。

 素晴らしい街、ドレスデンを後にする。

|

« ドレスデンにて | トップページ | 世界は一つ »

コメント

夏のドレスデン,素敵だったことでしょう.
ビールに,ザクセン料理 楽しまれましたか

投稿: Hana父 | 2014年7月 9日 (水) 08時35分

Hana父<
久しぶり。相変わらず海外を駆け巡っていますね。
ドレスデン、ここがドイツ?と言うほど、ライン川沿いのドイツとは違いました。
ザクセン州は豊かなところですね。
永住するなら、ここに決めます。
言葉に出来ない程、良い所。

投稿: ボケ爺 | 2014年7月 9日 (水) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59927587

この記事へのトラックバック一覧です: Dresdenを後に:

« ドレスデンにて | トップページ | 世界は一つ »