« 断腸の思い | トップページ | 青森再び »

2014年6月15日 (日)

人騒がせな日

 朝から、ワールドカップの日本戦で、TVは騒いでいる。早朝はゴルフの実況もあった。特にサッカーのワールドカップは少し異常かと思う。経済効果を狙っての事かと思われるが?つい見てしまった。日本は、技術はまずまずだが、体力が無い。前半の終わりから後半など、全く足が、体が、動いていない。一次リーグ突破は無理であろう。

 真夏の太陽は、燃える緑を演出する。二階のベランダに伸びているブドウは、その緑の最高の眺めである。今年は、昨年よりも実の出来が良い。ムクドリに食べられない様にしたい。そう言えば、大粒の梅の実も、そろそろ収穫時だ、剪定を思い切ったので、実が大粒となった。生物も「刺激」が必要なのだろう。

我が家の前後は家が迫っている。我が家の土地が狭いからだ。だから二階にリビング、食堂を持ってきた。西は誰かの土地の林である。東は、国分寺崖線の中腹にある実篤公園の森が見える。借景だが、気分はいい。しかし、何時まで、階段の上り降りが出来るのだろうか?そんな歳の父の日である。

 このベランダで、絵画を楽しめるのは何時からだろうか?そう言っている内に、あの世に逝ってしまうことになろうバカなボケ爺の独り言である。

<読書>

「デザインする思考力」 東大EMP編 東京大学出版会

「分析する力と思考」から、「組み立てるシステム化と思考」へ、と言う。EMPとはExecutive Management Programの事である。

人間の思考活動には、三種、①「累進」 ②「反転」、③「平衡」 とあり、更には、裏返し発想が、構造性と創造を呼び寄せると言う。

|

« 断腸の思い | トップページ | 青森再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59819952

この記事へのトラックバック一覧です: 人騒がせな日:

« 断腸の思い | トップページ | 青森再び »