« ドレスデンへ | トップページ | 豊かな一日 »

2014年6月30日 (月)

Dresdenの初日

 雨が心配だった、6月最後の日のドレスデンであったが、早朝から明るく、朝食の前にジョギングに出かけたら、朝日が昇って来た。エルベ川が輝く。エルベ川沿いに、ホテルから、街の中心に、走る。3~4人のジョギング者に会う。例によって手を上げて挨拶をする。すがすがしい。昨日遅くの到着時の雨模様とは一転していた。

 エルベ川は東方ドイツの象徴的な大川である。水嵩は多くはないが、澄み切ったきれいな川である。クルージングの船が10隻ほど停泊している。河の両サイドはよく整備されており、人々に優しい。アザミの赤紫色の花に、寄り添うように、深藍色の、葉っぱからするとアザミの一種であろう花のコントラストが美しい。

 街は小さくてすぐに旧市街の教会、お城に行きつく。その間、30分ほどのジョギングである。彫刻で埋め尽くされた建物は、歴史の深さを感じさせる。とともに、西洋独自の都市国家の象徴でもある。この彫刻が、この都市国家の王朝の歴史を物語る。特に、ドレスデンの建物は彫刻の多さが際立っている、と思う。

 至る道路は石畳だが、ボケ爺の勉強不足は、これ以上の解析はできない。残念な、頭の弱さであり、過去である。

|

« ドレスデンへ | トップページ | 豊かな一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59903257

この記事へのトラックバック一覧です: Dresdenの初日:

« ドレスデンへ | トップページ | 豊かな一日 »