« 梅雨入りの大雨 | トップページ | 断腸の思い »

2014年6月13日 (金)

最悪の13日の金曜日

 今週は、忙しかった。大学への委託研究の準備、共同開発先との話し合いと準備、自らの実験評価、と。幾分肉体労働的だが。雨にも沢山打たれた。

 「日本人の生産性」は先進国では、19年連続最低、とのデータが出た。ホワイトカラー族の働きは最低だ、と言う。その一方、労働力不足が、云々言われている。今日も、新橋界隈の飲み屋は、6時半だと言うのに、空き席を見つけ出せない。呑んでは、上司の悪口、人のうわさ話で盛り上がる。海外では、こんな情景は見当たらない。韓国を除いて(日本と違う意味がある)。

 製造現場の生産性は政界のトップを端居ていると言うのに。ホワイトカラー労働者の上司が、まずもって効率が悪い。指示が出せない上に、責任だけは逃れたいから、山ほどの報告をさせる。だらだら残業を生活費稼ぎですることとなる。改善には;

1) 残業は認めない。(全ての層まで労働裁量制の導入)

2) 業務をプラットフォーム化する。(マクドナルド、ディズニーのように)

3) 翌日に持ち込ませない。(必ず議事録を書く。議事録は1時間以内)

4) 電話は止める。メールでCCは必ず落とす。チャットを活用する。

5) 効率主義に徹する。アフターファイブを自分の為に。

<読書>

「月待ちの恋」坂東眞砂子 新潮社

浮世絵の春画を代々にして、江戸の生活を想像して、物語が作られている。解釈にはいろいろだろうが、想像力の豊かさに、感心する。知恵の見せ所だろう。江戸時代の生産性は高かった?

|

« 梅雨入りの大雨 | トップページ | 断腸の思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59810470

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の13日の金曜日:

« 梅雨入りの大雨 | トップページ | 断腸の思い »