« カキツバタが美しく | トップページ | 無駄な時間 »

2014年5月18日 (日)

イノベーションの真理再び

イノベーションの本質は、技術主導ではなく、価値創造ある、と信じている。技術革新と訳してはいけない。商品の価値は、①機能的(モノ)価値、②意味的(コト)価値に分類できる。

  1. 機能的価値とは、機能・仕様、品質などで、誰もが、比較し易いし、製品化し易い。大手企業が大規模市場を狙う。だからすぐに過当競争が生じてしまう。

  2. 意味的価値は、使いやすさ、持つ喜びなどで、顧客が作り上げる価値である。その市場は、複雑系でありカオス的である、顧客と共に、小さな感動や、小さな市場でも口コミからカオスを起こす。

顧客価値を創造できる人材の要諦は、「デザイン」と「テクノロジー」の理解が出来、融合させられる能力を持つ「デザインエンジニア」の発掘と育成に尽きる。改めて「デザイン」とは、①見た目(意匠)、②使いやすさ(ユーザーインターフェイス) ③所有欲を掻き立てる「コンセプト」とから成り立っている。

 ボケ爺も、日々、複雑系の社会でのイノベーションに付いて考えているのだが。明確な答えはない。

|

« カキツバタが美しく | トップページ | 無駄な時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59662435

この記事へのトラックバック一覧です: イノベーションの真理再び:

« カキツバタが美しく | トップページ | 無駄な時間 »