« なぜイスラエルの研究・技術のレベルは高いのか? | トップページ | 河村記念美術館へ »

2014年5月 4日 (日)

五月晴れ

 トラブルがあって、昨日の夜、日本に帰って来た。今日は朝から晴天だ。我が家の山吹は散ってしまっていた。新芽が目に痛い。老木のブドウの花芽が、今年もいっぱいつけてくれた。ボケ爺も、まだまだ負けてはいられない。

枯れたかと思いながらも鉢から植え替えたクレマチスは、芽をグングン伸ばし、淡い青紫色の大輪を咲かせて、玄関でねぎらい出迎えてくれるカワイイ奴だ。枯れたふりも一策か!だが、ボケ爺も生きるに植え替えは必要だ。

 ウグイスは、変わらず啼き誇り続けている。隣の実篤公園を拠点に、時々、我が家の近くまで挨拶に来てくれる。ベランダに椅子を出して、読書にふけりたいが、あまりのもいい五月晴れで、なんだか落ち着かない。散歩に出かける。

 成城学園近くの野川では、追っかけ老人どもが、高級カメラを持って走り回っている。カワセミのシャッターチャンスを狙って、翻弄させられているからだ。

 実篤公園の孟宗竹のタケノコは、2週間見ないうちに、3mほどに伸びてしまった。4月の20日では、まだ金色の皮芽を覗かせ、可愛かったのだが。お粗末な駄句に挑戦。

筑前煮食べごろすぎてニックキかな

オバマとは中トロ(露)つまみ気づまりか

安倍ちゃんにチュウチュカンカン裁けない

|

« なぜイスラエルの研究・技術のレベルは高いのか? | トップページ | 河村記念美術館へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59582195

この記事へのトラックバック一覧です: 五月晴れ:

« なぜイスラエルの研究・技術のレベルは高いのか? | トップページ | 河村記念美術館へ »