« 成功する起業化はイノベーションを起こす | トップページ | 変わる中国 »

2014年4月26日 (土)

パナソニックの復活は本当か?

 パナソニックの業績回復が素晴らしく良いように見える。この復活は本当だろうか?脱家電路線を本格化させていると言う。女性ターゲット製品が目立つのだが。パナソニック会長の談に注目してみよう。

パナソニックの長栄周作会長は言う。「尖った人材が革命を起こす」、と息が荒い。

  1. 世界のライバルに勝つ意欲と、「尖ったモノの見方」をする人材が求められる。

  2. 我社では優秀な人材が、能力や意欲を生かせない状況、事態が多い。

  3. 組織の中でも、自由な発想をして、「自分の頭で考える」人材が必要だ。

パナソニックは、「リスクを取らない風土」が出来てしまった、と言う。これに反転攻勢する人材の登用を進める、と言う。よって、「異才、異能」の人材を集める。

  1. 業界一、日本一、世界一、を目指す「意欲の人材」 =「No1コース」と言う。

  2. 常識を捨てる、破る「型破りな人材」 =「型破りコース」と言う。

その登用の為に、{FA(フリーエイジェント)制度}を作る。

これらの施策は、ある意味では、平凡である。言い尽くされている。しかし、業績回復と一致しているなら、素晴らしいが、施策とミスマッティングであれば、空振りとなるのでは、「犬の遠吠え」「オオカミ壮年」となる。ボケ爺は心配している。

<読書>

「財務省の階段」幸田真音 角川書店

作者にとっての新しい取り組みになるのでは。一種の経済界ベースのホラー小説になるからだ。若手官僚達の悲愴な叫びを遮る影の存在がある。読んでのお楽しみ。

|

« 成功する起業化はイノベーションを起こす | トップページ | 変わる中国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59533410

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックの復活は本当か?:

« 成功する起業化はイノベーションを起こす | トップページ | 変わる中国 »