« 出張が続く | トップページ | 機上の非日常 »

2014年3月15日 (土)

STAP細胞は存在するのか?

 小保方氏は、今は針のむしろであろう。真実はまだ分からない。それが不正だったのか?偶然には実存したのだろうか?謎に包まれてしまった。気の毒な状態だ。

 ボケ爺は、不正があったとは思いたくない。実存したのだろう。ダーウィンが説明したように突然変異があったのだから。突然変異は外部刺激で、細胞は変形されたはずだ、と思うからである。ただ、一点言えることは、科学は、繰り返されて、再現出来てこそ客観性が証明される。それがサイエンスの基本だ。

 そこに、焦りがあったのではないだろうか?小保方氏にも、小保方氏の周辺の理化学研究所も。先ずは、論文を取り下げて、一から出直して、くじけることなく、存在を証明してほしいと、願う。

 コピペを非難しているが、出所とその理由がはっきりしていれば、構わないはずだ。その記述が無かったのかは、発表されていない。問題は、データの適正の証明だ。再現するしかないだろう。ガンバレSTAP細胞。

<読書>

「生物とコラボする」工藤律子 岩波ジュニア新書

「バイオプラスチックの未来」と副題されている。化石材料(石炭、石油、天然ガス)によって今日、のプラスチックを生み出され、産業界は大いに発展した。化学者も、今日の材料を、今も改善し続けている。生物に目を向けると、実に理にかなった構造と強さを持っている。それを学ぶ事、使うことは、サステナブル、持続社会の未来である。いわゆる循環環境の再現である。ジュニア新書だけに良く理解できるように、書かれている。

|

« 出張が続く | トップページ | 機上の非日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59297721

この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞は存在するのか?:

« 出張が続く | トップページ | 機上の非日常 »