« 雪の甲賀市 | トップページ | 出張が続く »

2014年3月11日 (火)

未来の破局がみえる?

 震災から3年が経ってしまった。何もかも、進みが遅々として進んでいない。そんな中でありながら、東京電力の企業再生計画が認められた。福島原発の原因が解明しないままである。原因が分からないにしても、回避策の想定すら論理的に出来ていない。にもかかわらず、柏崎原発の再開とは不思議な論理だ。更には、福島原発の廃炉への計画も遅れに遅れている。人々の麻痺を待っているみたいである。

 政府は東電と一緒になって、誤魔化そうとしている。除染すれば1年で故郷に帰れる、と言い続けて4年目に入る。見通しすらない。未だに汚染水は漏れ続けている。地下水の汚染報道も経過報告をしなくなった。ジャーナリストも同罪だ。これらの 「賢明な破局主義者達」の行動は、破局を確実に見つめ続けている。

最悪の事態を考えて回避策を論じ、その対策に付いての論議を避けてはならない。福島原発周辺は、いかなる努力をしても、20年ソコソコでは帰れない。明らかなことだ。なぜ、帰れると言い続けるのか?復帰は破局している。何故論じない?

安倍首相は各国を行脚して、支援と言う名目で、お金をばら撒いている。国会で審議もしないし、事前に国民に提示もしない。その分は、各国には申し訳ないが、原発廃炉、規制できない地域の保証、東北復興の資金に回さない限り、日本は「破局」に向かう。「アンダーコントロール」なんて、とてもとても出来ていない。

 安倍政権の財政の健全化は何処に行ってしまったのか?にもかかわらず、「国土強靭化基本法案」で全国バラマキをするようだ。財政赤字(一兆6千万円)は膨らみっぱなし。国の財政破局を直視する人はいないのだろうか?直視しない限り「未来」は無い。破局なき未来を築くには、破局の想定が必要だ。

|

« 雪の甲賀市 | トップページ | 出張が続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59276686

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の破局がみえる?:

« 雪の甲賀市 | トップページ | 出張が続く »