« 葛西紀明の往生際(積分値の人生論) | トップページ | 雪の甲賀市 »

2014年3月 9日 (日)

50歳からの食事の快楽は?

 日経の電子版に面白い記事が出た。「50歳からの食事 脳より偉い腸に従え」と。脳は目先の快楽を優先する。その美食、大食が肥満や病気に陥る。免疫学者の藤田紘一郎さんの弁である。

腸の掟1:幸せを感じさせるのは脳ではなく、腸。

腸は偉い。消化促進機能、ビタミン合成、病原菌排除、等、さらに、ドーパミン、セトロニンの前駆体を、脳に送り込む。その基本は、植物繊維である。

腸の掟2:本当は、炭水化物を腸は嫌う。

体を動かすエンジンは、①炭水化物を糖に変え、「瞬発力」を得る。②酸素を燃焼させ、持続力を得る(ミトコンドリア)。50代に入れば、「持続力(ミトコンドリア)」エンジンの活動が大切。「炭水化物を摂り過ぎは、活性酸素が増え」て、腸がダメージを受ける。日本の、「癌」「心筋梗塞」「脳卒中」「糖尿業」は、全て、「活性酸素が寄与」している。

腸の掟3:良いウンコ。

①食物繊維が豊富な果物、野菜を、②乳酸菌の納豆、味噌を食べる事、③気分よく食べる事、④年寄りは、たんぱく質が大切、④運動をして体をあっためる、⑤好きなことをして過ごす。

腸の掟4:汚い生活をする。

腸年齢は、雑菌を腸に抱える数で決まる。腸を清潔にしてしまうと、花粉症、アトピー症、ウイルスにかかりやすい。抗菌グッズは使わない。薬用石鹸で。雑菌を気にしない生活。

<読書>

「潮鳴り」葉室麟 祥伝社

久しぶりの作品。今迄にない親切なシナリオ。人の苦労は当然としても、やはり不条理、不合理な世界は相も変わらず。それにどの様な「生き様」の答えを出すか?本作は参考になる。

|

« 葛西紀明の往生際(積分値の人生論) | トップページ | 雪の甲賀市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59261832

この記事へのトラックバック一覧です: 50歳からの食事の快楽は?:

« 葛西紀明の往生際(積分値の人生論) | トップページ | 雪の甲賀市 »