« また、安倍首相の失言 | トップページ | STAP細胞 »

2014年2月 1日 (土)

1月は瞬間に過ぎた

 1月はいぬ、と言うらしい。例年1月末には、Nano Tech Showが行われる。そこで、開発している新材料のブースを持った。多分、知名度が無いし、ブースの位置も悪くて、多分暇だろう。だから、他社の展示を見学できる余裕があるだろう、と思っていた。

 ところがおっとどっこい、蓋を開ければ、忙しい。毎日立ちっぱなしで、足がパンパン。声は嗄れる。疲れた。以外に、新材料に飢えているのだと思う。が話を聞くと、勇気が無い言葉が多い。挑戦が出来ないようだ。これが日本の実情か?

 一方、海外からの訪問者は、相変わらず元気だし、多い。この展示会は世界から見て有名らしい。我がブースにも30人ほど訪れてくれた。世界は狭い、と思う。特にヨーロッパが、基礎科学に根強い強さ、と持続力がある。日本も学ばなければ、と思う。ベルギー、ドイツ、カナダ、中国、と関係を結べることが出来た。今回の展示で、多くの事を学べた。この歳でいい経験が増えた。年寄りバンザイ!年寄りの疲れは吹っ飛んだ。久しぶりの感激だ。

|

« また、安倍首相の失言 | トップページ | STAP細胞 »

コメント

NanoTechShow,お疲れ様でした.
お元気な姿を拝見でき,こちらも負けずに頑張ろう,
と新たな力が沸いてきました.

次回,お会いできる機会には,ゆっくりといろんな
お話を伺えれば,と存じます.

投稿: Hana父 | 2014年2月 3日 (月) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59051721

この記事へのトラックバック一覧です: 1月は瞬間に過ぎた:

« また、安倍首相の失言 | トップページ | STAP細胞 »