« 無常な句 | トップページ | 日本晴れの富士山 »

2014年1月19日 (日)

時々の北風

 昨夜から雪になると期待して起きてみたが、雪が降った形跡はない。残念!こんなに寒いのだから、雪景色が見たかった。一部の植物は凍傷で死に至るだろう。雲一つない、いい天気に恵まれたが、時々の北風が木々をうならせる。

 二階のリビングの窓からは、山茶花の真っ赤な花が太陽の恵みをエンジョイして赤色が凛と冴えている。いつの間にか、紅梅が10輪ほど咲いている。つぼみは元気そうだ。そこにメジロがやって来ている。目の淵の白色な輪っかが、クルクルとカワイイ。深緑の色合いも、今日は輝いて薄緑に見えるから不思議である。白梅が咲くころには、ウグイスが来てほしい。

 白にピンクが混じった椿はまだ蕾だ。千両万両は一部に実が残っている。相変わらず椋鳥は厚かましい。キツイ鳴き声や、弱弱しい鳴き声で、気分を翻弄させられる。リビングは温室。ボケ爺の居眠りに最適だ。お休み。

 それにしても、日が長くなっている。日が沈むのが5時では暗かったのが、今日では5時半で、真っ赤な西の空に、丹沢山脈の灰色のシルエット、一段高い富士山のシルエットがクックリと浮かび美しい。

|

« 無常な句 | トップページ | 日本晴れの富士山 »

コメント

私も雪を期待していておりました.残念.
ご自宅から丹沢,富士山が見えるのですね.
夕景が目に浮かぶようです.

もし可能でしたら,ご連絡頂ければ幸いです.
久しくお目にかかって居りませんので,ご挨拶させて
頂きたく存じます.

投稿: Hana父 | 2014年1月20日 (月) 15時23分

Hana父>
国分寺崖線の麓に住んでいます。我が家からは
残念ながら見えません。谷底のうら寂しい所で。
坂を少し昇れば、八王子だって見渡せます。
それが国分寺崖線の仙川であり、成城学園です。
為月末には、Nano Tech Showに展示をしますので、2月に入ったら連絡します。

投稿: ボケ爺 | 2014年1月20日 (月) 15時35分

昨年10月までは,国分寺で,崖下に住んでおりました.引っ越しして,国分寺の崖上に引っ越しました.

NanoTech展,見に行かせて頂きます.
楽しみです.

投稿: Hana父 | 2014年1月23日 (木) 14時28分

Hana父>
優雅ですね。高台からの見晴しは絶景でしょう。
貧乏人のボケ爺は、何時までも、崖下です。

Nano展は{サンエス護謨}で、出ています。
小生の新しい挑戦です。
会えるといいですね。

投稿: ボケ爺 | 2014年1月23日 (木) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58974090

この記事へのトラックバック一覧です: 時々の北風:

« 無常な句 | トップページ | 日本晴れの富士山 »