« 時々の北風 | トップページ | NTT-Data 2104 Technology Foresight »

2014年1月21日 (火)

日本晴れの富士山

 今日は北九州市の大学に出張だ。朝早くから、第一ターミナル南ウイングのゴールドラウンジに陣取った。国際ターミナルの奥に、雪をかぶった富士山を仰ぎ見ている。その上には半月の月が浮かんでいる。周りは雲一つない。左方面の川崎のコンビナートの煙突からはまっすぐに白い煙が立ち上っている。JAL機は忙しそうに、行ったり来たりしている。

 中国のGDPが、予想を上回って、二期連続、7.7%の成長だ、先日観た珠海の市街の光景は虚構ではなかったのだ。恐ろしや。経験からして必ず反動はある。何時かが問題だ。

 北九州空港に近づいた。着地近くの雲が晴れても揺れる。海面から陸上が見えた時、急にエンジンがブースト状態となり、急上昇し始めた。強風と雪で視界が悪く上昇している、とだけアナウンス。このまま福岡空港に行くのかと思うほど上昇を続けて旋回の様子がない。パイロットからのアナウンス。着地を試みる、と。何度かこのような経験はあるが、今日は急すぎた。飛行機をよく知っているボケ爺も、一瞬手に汗をかいてしまった。クワバラ、クワバラ。最近こんな経験が多い。先行き不安定、と言う事か?

|

« 時々の北風 | トップページ | NTT-Data 2104 Technology Foresight »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58986059

この記事へのトラックバック一覧です: 日本晴れの富士山:

« 時々の北風 | トップページ | NTT-Data 2104 Technology Foresight »