« ボケ爺の3大ニュース(その三:「カワイイ」が) | トップページ | 緩やかな日 »

2014年1月 2日 (木)

2014年初夢

 2014年が幕を開けた。と言うほど、大げさなものでは無ない。さて、初夢は?定かではない。それだけ曖昧だったが、安倍首相の二面顔が映っていたような?一面は、アジアの諸国に噛みついている軍国日本?もう一面は、国民をだまし続ける自信に満ち、したり顔?である。

 ボケ爺の元旦の計は「家内安全、商売繁盛、願いは平凡なり」。確たる希望もない。老害だけにはならない様にしたい。穏やかな日々が過ごせることが一番だろう。古希になる歳であるので、「逝く」為の準備をそろそろ真剣に考えなければならない。やり残したことをやろう、なんて思わない。

 「科学、技術に、挑戦できなくなる」なら、「創造的な創作が考えられなくなる」なら、「コラムやブログが書けなくなる」なら、「美しいものを見て美しいと、感傷にふける事が出来ない」なら、「自分の体で体験できなくなる」なら、直ぐに逝く。安楽死を選びたい。これらが、古希を迎えたボケ爺の心構えなのだ。

<読書>

「これからどうする」岩波書店編集部編 岩波書店

「未来の作り方」と副題がある。未来の展望を描けないほど閉塞感を深まっていないか?と問う。228人方々が寄稿している。今から、3か月をかけて、一人一人の意見に、耳を傾けていきたい。

|

« ボケ爺の3大ニュース(その三:「カワイイ」が) | トップページ | 緩やかな日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58870268

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年初夢:

« ボケ爺の3大ニュース(その三:「カワイイ」が) | トップページ | 緩やかな日 »