« 2014年初夢 | トップページ | ジョブスの夢を見る »

2014年1月 3日 (金)

緩やかな日

 暮れから、忘年会続きでメタボ、正月も動かず、食べるだけ。更なるメタボに貢献。さてどうするか?朝から、ムクドリが我家を占領。せっかく美しい姿のメジロが遊びに来ても追い返す。スズメも追い返す。ボケ爺の様に嫌な奴だ。

 毎年の慣例として、老犬チャーリーの好んだ散歩道を歩くことにしている。さて出発だ。実篤公園は静かで変化はない。森のテラスでは、既に庭を開放していた。NTT学園も静まり返っている。途中、老犬チャーリー最も好む糟嶺神社に、お参り。

 いつもの野川に出る。ここから、小走りで、ジョギング500m位で汗がでる。すると、望遠レンズの高価なカメラを抱えた人々に会う。「カワセミ会えましたか?」と言うと、「今日は駄目だ!」と川上に歩いていった。引き続き、川下にジギングをしていると、恋人同士がバカチョンカメラを構えている。居る、居るカワセミが居る。アシの枯れ木に止まっては、二羽が戯れている。今年は、新年から縁起がいいと、ボケ爺は思わず微笑む。此の構図は何だろう?発想豊かに成城学園駅に急ぐ。

<読書>

「成長から成熟へ」天野祐吉 集英社新書

ズバリ、成長を望むのではなく、成熟の社会へ鍵を取るべきだ、と主張している。広告から見た成長時代の矛盾が、鬱積している今、成熟への歩みが必要だ。モノ余りから、ココロの充実へ。広告も変わっているが、間違った欲望を掻き立てている、と言う。

|

« 2014年初夢 | トップページ | ジョブスの夢を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58876845

この記事へのトラックバック一覧です: 緩やかな日:

« 2014年初夢 | トップページ | ジョブスの夢を見る »