« 日本晴れの富士山 | トップページ | また、安倍首相の失言 »

2014年1月24日 (金)

NTT-Data 2104 Technology Foresight

 NTT-DataInnovation Seminarは、新春に例年開かれる。楽しみなのが、主題の、2014年の先行きの技術動向の提案である。IBM10年以上続けている。IBMForesightWebで拾えるが、友人がいた時は、送ってくれたのだが、彼もリストラに合ってしまった。ボケ爺の友人は、ボケ爺と同様にリストラに合う運命なのだ。

 今年は、New GrowthNew Globalがポイントと言う。ICTの技術進歩は、CPUHDD

Net-Speed とも、まだ、うなぎ上りに進化している。何時留まるのだろうか?2045年には、コンピュータの処理能力は、頭脳相当になる、と言われている。

 Googleは言う、検索エンジンは、2027年には、今日と全く違ったモノに代っている。それは、「頭脳シミュレーション」となっているだろう。だから、ロボット、であり、自動運転の実用化にある、と言う。

 日本は、頭脳研究が極端に遅れている。オバマ大統領ですら、「Brain Intention」といって、巨額の支援金をばら撒いている。日本には、このような独自の「Technology Foresight」を作ることが出来ないのだ。NTT-Dataも、3年間ほど、ほとんど変わっていない。残念な国日本。

 日本は、社会が急激に変わっているのに、ノンビリとしている。日本の企業競争力は、このスピードで蹴散らされている。外交も世界の変化に付いていけないので、後追いばかり。後追いだから金をばら撒く。金券選挙精神と変わらない。残念な国日本。

|

« 日本晴れの富士山 | トップページ | また、安倍首相の失言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59001338

この記事へのトラックバック一覧です: NTT-Data 2104 Technology Foresight:

« 日本晴れの富士山 | トップページ | また、安倍首相の失言 »