« 稼ぐクマモン | トップページ | 歴史問題の「負の循環」 »

2013年12月 8日 (日)

「やる気」だけでは成果は出ない時代

 今日のビジネスは複雑系理論が益々複雑になってきている。バブル前は、作れば売れる時代で、経済環境が単純な時で、「猛烈社員万歳!」。「やる気」は成果に直結していた。ボケ爺の前半は、そんな時代を過ごしてきた。団塊の世界の人たちも、「ビジネス戦士」と言われ猛烈を結構楽しんでいたのだ。

 だが、今は全く違う。「やる気」だけでは空回りばかりの時代だ。「やる気」は、闇雲に顧客に売り込む「プッシュ型営業」では、なんとかなったのだ。

今は、モノ余りの時代、売り込んでも買ってはくれない。顧客が何を求めているのか?それは決まりきった商材を売り込むのではなく、その商材を基本として顧客の「感受性」を引き出し、「適切な提案型の商材」に切り替えなければならない。

 ガンバレ!やる気だ!の時代は、量的インパクトがあれば売れたのだが。今日は、「質的成熟度」が要求される。それは顧客を「巻き込む力」の事を言う。

 それはどうしてできるか?作れるか?が問題だ。昔は、顔を合わせて、酒漬け商売方(ゴルフも然り)の強引さであったが。今は、ネットを使いメールのやり取りを頻繁にして、その中で、感受性を豊かに、適切な提案を繰り返し、「共感を勝ち取る」ことである。自ずと相手を思いやる気持ちの育成がキーとなるのだろう。

<読書>

「知的創造の作法」阿刀田高 新潮新書

阿刀田氏は、「短ければ短いほど良い」、と言い短編小説家として君臨している。短くするには、ダイジェスト化することだと言う。自分の考えがあり、知識は間違いなく、目的がはっきりしていなくては作れないと言う。短編の命は、アイデア(たくらみ)だと言う。アイデアは、持続的思考だ。そしてユニークさを加える。その為には創造性が無くてはならない。創造性を得るに、真似を恐れない、ぼんやり過ごす、閃きをノートする、訓練が必要だ、とロジカルに解き明かす。

|

« 稼ぐクマモン | トップページ | 歴史問題の「負の循環」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58721395

この記事へのトラックバック一覧です: 「やる気」だけでは成果は出ない時代:

« 稼ぐクマモン | トップページ | 歴史問題の「負の循環」 »