« 東京駅のリメイク、八重洲口 | トップページ | 「やる気」だけでは成果は出ない時代 »

2013年12月 3日 (火)

稼ぐクマモン

ゆるキャラのクマモンは、良く稼ぐ。皇后さまも気にされている。「いったい何人いるのですか?」と。出没自在で、休む暇はない、と思えるスケジュールらしい。つじつまはあっているのだろうか?きっと何匹か居て、うまく立ち回っているのだろうか?

2010年に登場して、8000種を超える商品の使われているダントツのブランドである。クマモン商品の売り上げは、県の把握で、2012年で、239億円もある。ゆるキャラでは、比較的新しい。何故、人気があるのだろうか?

1)多様なデザインに落とし込み易い。2)デザインがシンプルだ。3)クマモンのメリットを使用人から提案させる。4)クマモンは、良く動く。「キレと、おもてなし」に勤めている。5)知名度向上に、名刺(紙)に刷り込む。

と、想像できるのだが。ボケ爺にも、こんなヒット商品が欲しい。ヒットの基本は「Simple is best」が最高。多様性を生む。「footwork is best」も忘れない事。ですよね?

<読書>

「ともえ」諸田玲子 平凡社

新たな構成だ。二人の「ともえ」を重ねながら、進行。生き方も違うが、女性としての美しい気持ちをふんだんに描き切っている。文章がうまい。一気読み間違いない。

|

« 東京駅のリメイク、八重洲口 | トップページ | 「やる気」だけでは成果は出ない時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58692096

この記事へのトラックバック一覧です: 稼ぐクマモン:

« 東京駅のリメイク、八重洲口 | トップページ | 「やる気」だけでは成果は出ない時代 »