« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

ボケ爺の3大ニュース(その三:「カワイイ」が)

 現代日本の文化が生まれつつある。漫画であり、アニメ、ゲームソフトであろう。原宿タウン、秋葉原タウンでもあろう。

 しかし、ボケ爺は、「カワイイ」が最も世界へ飛躍して普遍化されてきていると、思っている。特に、アメリカでのブーミングは驚くべきだ。「きゃりーぱみゅぱみゅ」がアイコンの中心である。素晴らしい発信力を持っている。それに原宿から支援と言うか、共感、共鳴して歩みを共にしているのが「増田セバスチャン」だ。アートへの止揚にチャレンジしているし、仕掛けている。ポップアーティストである。だが、日本の普通人には理解は出来ないだろう。世界は分かるのだ。

 一方、高齢者はどうだろう。朝の満員電車には、どう見ても60歳を超えた老人が目立つ。帰りの6時台も4割が老人だ。老人が兎に角目立つ。どう見てもサラリーマンだ。JST(日本科学技術機構)が催す大学の研究発会の聴講者も半分が65歳を超えている。

 天皇陛下も80歳の誕生日を迎えられて益々元気である。まだ世界への大使を務めたいと、の意欲がおありである。公務を減らしては、など言えないだろう。

 「新老人の思想」五木寛之 幻冬舎新書は、いつもの五木寛之の口調ではなく、激しく言い寄る。「もう待てない」。「今だ、自立思想を持て」、と。日本が老人国家の先端を歩んでいる、「新老人はアナーキな思想を持て」、と。

 新若者も、新老人も、日本など飛び超えて、日本の文化を世界に。

<読書>

「シルバー川柳3」ポプラ社編集 ポプラ社

「来世も一緒になろうと犬に言い」、から始まって、「欲しかった自由と時間もてあまし」、「期限切れ犬にやらずに俺に出す」「メイドカフェ冥土もカフェあるんかえ?」など、抱腹絶唱!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

ボケ爺の3大ニュース(その三:「カワイイ」が)

 正直、オリンピックが招聘できたことは嬉しい。これから7年生きてみようか、と言う気持ちになる。ボケ爺が東京オリンピックに出会えたのは、大学1年の秋だった。新幹線が出来、カラーテレビに驚き、東京の都市の中に高速道路が、高架で走り廻らされたことに、近代の夜明けを感じた。代々木体育館の丹家健三の設計の、数学の美しさに、これからのボケ爺の夢を見た。その時の投資額は、その後のバブルまでの経済成長で、十分に返却できたはずだ。

 今年のロンドンのオリンピック後の、国民の活気を見ると、重大なイベントではあるだろうと、思うのだが。しかし、日本の置かれている今の立場では、本当に、この為の巨額の投資は回収できるのだろうか?また、東京一極集中がさらに進むことは良いことだろうか?疑問に思える。

投資が必要なところはさらにある。東北津波災害への復興支援も十分ではない。この支援にもっと投資すべきである。

安倍首相は、福島原発課題は案デーコントロールにあると言ったが、とんでもない嘘を世界に向けて言ってしまった。福島原発災害は、何一つアンダーコントロールなど出来ていない。行き当たりばったりだ。

除染しても帰れない住民は、一年、一年引き伸ばされて、真綿で首を絞める様に苦痛を与え続けている。政府や原発委員会も50年たっても帰れない事が分かっていても、だまし続ける。この廃炉に向けての費用は、この後、30年の経済成長で得た、国民の所得を食いつぶすだろう。

 さらに、原子炉発電は、再開に向けて環境づくりだ。原子炉安全員会の委員長が、政府と密談している。独立であることを、裏切っている。最大の問題は、使い終わった核燃料の処理法が決まっていないことだ。核燃料棒をどこに捨てる。日本列島、放射能だらけになる。20年後の親は子供の奇形児対策で苦慮するだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

ボケ爺の3大ニュース(その一:安倍政権の危惧)

 ボケ爺の仕事納めも昨日だった。年度末活動報告も提出し、来年度の中期戦略、2014年度活動計画も、作り終えた。ボケ爺にしては良くできた年だった。満足、満足!

 一方、国内のニュースでは危惧する点が数々あるが、最も危険な事態に陥った。それが「①安倍政権の超保守化、と、②財政バラマキ政策」である。

 「安倍政権の保守化」マニフェストに無い「秘密保護法から始まった、超保守国家体制化」である。先日の靖国神社参拝でもわかる通り、「隣国への見せしめの様な頑固な態度」。友好国のアメリカからも戦前帰りの「非道な行動」と決めつけられた。千鳥ヶ淵の戦没者墓地がある。天皇もそちらにはお参りされる。何故、政界人は靖国神社か?理由は話されず、理解を求める、と論理が通らない発言でごまかす。説明できない政治家の代表だ。

 「アメリカは、日本とは共同国とはなりえない!」「日本に失望」「東洋の最も危険な国」と厳しい論調である。日本国民はこのまま、黙って見逃すことが出来ようか?今年最高の危険な出来事であった。

 「財政バラマキ政策」は如何なものか?その目的は何か?日本を潰す計画ではないのか?財政赤字の改善注力すること無く、海外諸国にも、惜しみなく支援金を出す。国内も湯水のごとく資金を投入する気前の良さを提示しては、財界人に人気取りをしている。財政赤字は膨らむばかりである。さて、子孫の生活はどんな暮らしになるのか?多分、消費税率は25%程になり、老人が徘徊し、野垂れ死にしている汚らしい日本となるであろう。

寓衆よ目を覚ませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

銀世界の美しい大学構内

 北海道大学は、日本一贅沢な大学だ。街の中にあって、広大な敷地に、ほとんどの学部が揃っている。いろんな大学に行くのだが、学部がバラバラのところが多い。今日の冷え込みは厳しいが特別に、天気が良い。日差しもあり、ボケ爺を歓迎している。

 ボケ爺のバカな頭では付いていけない議論を済ませて、正門まで歩いていると、韓国人、中国人などの観光客が、校内のいたるところで写真を撮っている。確かに、日差しと、大木並木の枝振りと、白銀のマッチングが素晴らしく美しい。正門近くのアプローチは、広くで、優雅さを感じるころだが、一面雪だ。幼稚園の集団が3組ほど訪れて、雪合戦で遊んでいる。そりで滑っている子もいる。大学の構内とは思えない、キャーキャとにぎやかだ。

北大には、結構、喫茶室が点在している。正門近くで、白銀のテラス中、コーヒを楽しむ。小鳥が白銀を蹴散らして、いたずらをしている。遊び心を堪能しているようだ。ボケ爺も、久しぶりにゆったりとしたひと時の優雅さを味わった。サーて、年寄りのへっぴり腰で、ヨタヨタと滑らない様にして帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

雪の札幌に立つ

 暮れになってから、北大の理学部の教授と、ボケ爺には分からない議論をしなければならなくなってしまったから、札幌だ。

 ANAは順調なフライトで、新千歳空港へ近づいた。ANAはご存知のように、離着陸の様子をスクリーンに映す。機長の話では、現地は、少し雪、マイナス3℃、と言う。そのスクリーンには、くっきりと飛んでゆく雪が映っている。翼上の雪は風圧で飛んでしまうであろう。エンジンに吸い込まれる雪は、高温で瞬間に水蒸気になってしまうであろう。だから飛んでいる間は、全く心配はない。

  暗くて誘導灯しか見えないが、滑空し始めた。滑走路上には雪の残雪が映っている。スリップしないか心配だ。幸い、風は少ない。ブレーキはゆっくりと駆けてくれ!と願うのだが、それを無視して、急激なブレーキだ。だがスリップはチットも起こらなかった。無事を喜ぶ。

 札幌行きのJR快速は、ノロノロ運転だ。前の各駅電車が遅れているからだと言う。約20分遅れだ。機長は「少ない雪」と言ったが、それほどの雪である。ホテルまでが一苦労だ。やれやれ、明日の予習が出来るだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

リニア新幹線は、必要か?

 朝日新聞に、リニア新幹線は地域に何をもたらすか?名古屋と東京の変化を如何にとらえるか?予測してみなければならない、と。一つは、東京集中が止まらないか?名古屋、大阪へ分散化が起きるのか?二つ目は、その結果、経済成長にどの様な影響が出てくるのだろうか?人口動態はどうなるのか?である。

 ボケ爺は、今年に始めから、東京、大阪を往復する事が多い。その結果わかったことは、東京駅発;7時半から9時半で大阪に向かうことが多い。先ず言えることは、名古屋で降りる人々が50%、京都が、10%、大阪で降りる人が25%である。帰りは、25%が大阪から、50%が名古屋から乗り込む。大阪発の朝も、同様な傾向にある。

 言い換えると、東京と名古屋は同数のサラリーマンが出入りしている。それに人数も多い。つまり、それぞれにビジネスが成立をしている。大阪と東京は少ない。それもそのはず、大阪の企業は必ず東京に本社を置くか、事務所は置いている。つまり、ビジネスマンの移動の必要性がないのだ。だから大阪が地盤地下しているのではないか。大阪は人口が減り、その分、東京が増える。名古屋は、東京と同等にビジネスをしている。名古屋気質だろう。

 から考えて、リニア新幹線は、名古屋にとって、40分は通勤圏に東京が入ってくる。だから、東京一極集中が加速されると言う人がいる。その逆に、益々、名古屋が独立して、東京から商いに来る、と言う観方もある。ボケ爺は、名古屋が独立に向かうだろう、と思う。何故か、自動車産業、航空機産業が、日本を救う、からだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

キッチンジローで昼食

 駿河台と小川町との中間点の竹橋地域で、用事があり昼前に訪問した。行きは都営小川町駅B7出口から、その事務所を訪問したのだが、そこは一般なビジネス街である。帰りは、神保町駅から乗りたいと思い、駿河台方面に歩いていたら、ひっそりとキッチンジローが鎮座していた。

 ボケ爺の大学時代は、お茶の水駅前にあって、その頃では少し高級で、美味しいハンバーグ、やコロッケを食べさせてくれていた。大金持ちの先輩に連れられて、良く出かけた。粗挽きハンバーグのジュウシーさ、それに濃厚なソースが旨い。更には、先輩のおごりであって満足な豊かさを経験していた。新宿の地下街に出店して、いつの間にか潰れ、今では結構チエン店が存在する。

 昼も過ぎていたので、当然、迷いもなく入った。バンバーグにプラス、コロッケクリームのコンビネーションを頼んだ。まったくその頃の味と変わりがない。満足だ。850円は安い。すると、大学時代が懐かしく、駿河台近辺をウロウロしてみた。変わらぬ古本屋さん達、文昌堂を見学。名物食堂の結構残っていた。大学の建物は変わってしまっている。楽器店が増え、スポーツ店は変わらず存在していて、スキー物で活気付いている。ボケ爺の古(いにしえ)の思い出がよみがえって、青春があったのだと、再確認できた。チョットセンチメンタルな時間を楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

小鳥の元気はなぜ?

 

 枯れ葉が落ちると、小鳥が元気になるように思える。日の出近くから鳴き声がうるさい。市ヶ谷駅から飯田橋駅までの外堀の水面を低空飛行する水鳥や、潜っている水鳥が3種ほど渡ってきて久しい。桜の並木は裸になってしまっている。電車から十分に鑑賞できる。癒しの風景だ。

 

 我が家にも、小鳥がやってくる。ムクドリ、スズメ、メジロ、モズ、など、他にも居るが、ボケ爺は残学で、名前が分からない。我が家には、万両、千両、南天、他、赤い実がなる木が多い。それを好んで食べにくる。だからさらに増える。鳥が糞をしてタネをばら撒くからだ。モズ(昆虫が得意)が食べるかは、ボケ爺は知らない。

 

 既に、メジロが早くも来ているには驚いた。実に美しい色だ。日本人が好む色であろう。梅の花が待ち遠しい。何故、この時期に小鳥は泣き叫ぶのだろうか。恋の季節は、春だろうに。ボケた爺には、不思議な事ばかりである。

 

<読書>

 

「千思万考」黑鉄ヒロシ 幻冬舎

 

歴史で学ぶ39のメッセージ、との副題がある。漫画家の文章は、ここまでデフォルメできるかと、驚いている。新しい言葉を作り、思考力を要求し、人物の考察が実に深い。疲れるが、心地よい汗を脳みそに生む。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

大阪、頑張って

 東京はしたたかに、都市開拓を不動産業の競争を刺激して、一極集中を進めている。 次が豊洲を中心とした地域、お台場ベイエリアのオリンピック施設、など、都市人員を増やすに増やしている。

 一方、大阪は、大阪駅の北の車庫地の開発。南の近鉄、など、問題は、中心地の一等地の空き地の建設ラッシュは、マンションビルだけである。中心部に、マンションを作ってどうする?オフィスとしての収容面積が、益々少なくなってきている。

 こうなると大阪復興は、関西空港の活力しかない。東京の羽田空港のしたたかさに学んでほしい。羽田から、関空の便をもっと増やし、関空からの市内へのアクセスを良くすることだ。東京オリンピックがチャンスである。成田は限界である。関空へ呼び込むことだ。そして関空から羽田へ送り込む。

 その次には、キーは泉佐野市の再開発に掛かっている。京大、阪大、大阪市大、大阪府大、の学園都市の特区、研究機関の特区で、海外留学生、研究員を呼び込む。更に、お台場のような行楽地を作る。カジノを真っ先に解禁する。芸術村をも作る、など。大阪ガンバレ!

 このままだと、大阪は東京の衛星都市として、飲み込まれてしまう?

<読書>

「民王」池井戸 潤 ポプラ社

吉川栄治文学新人賞後の一作だ。奇想天外なストーリ性だ。部分的に、政治家の政策の皮肉が散らばっている。自分を客観化する手法も変わった手法だ。愉快!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

歴史問題の「負の循環」

 日中戦争、日韓併合、慰安婦問題など歴史認識で、隣国と、再び揉め事が再熱している。日本側の歴史認識が、今一はっきりしないこともある。「過去に決着がついている。」との、発言を繰り返すのみだからだ。多分、こんな簡単な論理で、解決はしない。人間には、感情があり、一言で、恨んだり、憎んだりして変化してしまう。国家間にも、国民の感情問題がある。こじれれば、永遠に、感情問題を抱えこむ。

 この感情を如何に抑えるか?友好関係を取り戻し、再構築するしか、解決の道が無いだろう、と言うのが、東洋文化研究者のアレックス・カーさんだ。カー氏の父は、太平洋戦争で日本軍の魚雷の攻撃を受けている。

 東洋には、「本音と建前の智慧」が備わっている、と言う。この「本音と建前」を使い分ける。本音では主張は譲れない、建前では仲良くと。建前には、双方の美術、文化、経済、などでの交流を盛んにして理解をし合うことだろう。とカー氏は言う。

 その前に、靖国を千鳥ヶ淵の戦没者慰霊に移すべきだ、とも言う。これが日本では問題だ。日本は何故、靖国神社に、戦犯と、戦没者とを一緒にしてしなったのかの、丁寧な説明は、有識者の誰もが口をふさぐ。何故だろうか?

<読書>

「大人の恋力」紫門ふみ 新潮文庫

著者は「我笑う故に我あり」の東女の哲学の口座を持っていた土屋賢二教授の愛弟子である。さすがに、ストリーは哲学的である。なるほど土屋賢二の教え子である。ウムウム!哲学は面白い、題材も親しみやすい。漫画家での評価以上に哲学者だ。恋のパターン知って哲学者になる本、万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

「やる気」だけでは成果は出ない時代

 今日のビジネスは複雑系理論が益々複雑になってきている。バブル前は、作れば売れる時代で、経済環境が単純な時で、「猛烈社員万歳!」。「やる気」は成果に直結していた。ボケ爺の前半は、そんな時代を過ごしてきた。団塊の世界の人たちも、「ビジネス戦士」と言われ猛烈を結構楽しんでいたのだ。

 だが、今は全く違う。「やる気」だけでは空回りばかりの時代だ。「やる気」は、闇雲に顧客に売り込む「プッシュ型営業」では、なんとかなったのだ。

今は、モノ余りの時代、売り込んでも買ってはくれない。顧客が何を求めているのか?それは決まりきった商材を売り込むのではなく、その商材を基本として顧客の「感受性」を引き出し、「適切な提案型の商材」に切り替えなければならない。

 ガンバレ!やる気だ!の時代は、量的インパクトがあれば売れたのだが。今日は、「質的成熟度」が要求される。それは顧客を「巻き込む力」の事を言う。

 それはどうしてできるか?作れるか?が問題だ。昔は、顔を合わせて、酒漬け商売方(ゴルフも然り)の強引さであったが。今は、ネットを使いメールのやり取りを頻繁にして、その中で、感受性を豊かに、適切な提案を繰り返し、「共感を勝ち取る」ことである。自ずと相手を思いやる気持ちの育成がキーとなるのだろう。

<読書>

「知的創造の作法」阿刀田高 新潮新書

阿刀田氏は、「短ければ短いほど良い」、と言い短編小説家として君臨している。短くするには、ダイジェスト化することだと言う。自分の考えがあり、知識は間違いなく、目的がはっきりしていなくては作れないと言う。短編の命は、アイデア(たくらみ)だと言う。アイデアは、持続的思考だ。そしてユニークさを加える。その為には創造性が無くてはならない。創造性を得るに、真似を恐れない、ぼんやり過ごす、閃きをノートする、訓練が必要だ、とロジカルに解き明かす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

稼ぐクマモン

ゆるキャラのクマモンは、良く稼ぐ。皇后さまも気にされている。「いったい何人いるのですか?」と。出没自在で、休む暇はない、と思えるスケジュールらしい。つじつまはあっているのだろうか?きっと何匹か居て、うまく立ち回っているのだろうか?

2010年に登場して、8000種を超える商品の使われているダントツのブランドである。クマモン商品の売り上げは、県の把握で、2012年で、239億円もある。ゆるキャラでは、比較的新しい。何故、人気があるのだろうか?

1)多様なデザインに落とし込み易い。2)デザインがシンプルだ。3)クマモンのメリットを使用人から提案させる。4)クマモンは、良く動く。「キレと、おもてなし」に勤めている。5)知名度向上に、名刺(紙)に刷り込む。

と、想像できるのだが。ボケ爺にも、こんなヒット商品が欲しい。ヒットの基本は「Simple is best」が最高。多様性を生む。「footwork is best」も忘れない事。ですよね?

<読書>

「ともえ」諸田玲子 平凡社

新たな構成だ。二人の「ともえ」を重ねながら、進行。生き方も違うが、女性としての美しい気持ちをふんだんに描き切っている。文章がうまい。一気読み間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

東京駅のリメイク、八重洲口

 今日は12月1日(日曜日)、そして師走の始まりだ。2013年仕上げの追い込みだ。東京の日射しは強い。剪定の続きをしていると、首筋がヒリヒリとするほどだ。その足で大阪へ、7時前だが、小雨、雷が一発の轟き、ボケ爺を歓迎してくれたのかな?

 東京駅の八重洲口は、高層ビルを無くしてしまった。その高層権を売って、ビルの高層化を周辺にちりばめたのだ。何故か?東京湾からくる風を、皇居まで、スムースに運ぶためだ。その皇居を通じでのクリーンな空気は、東京全体を豊かにする、と言う遠大な構想があったのだ。最も、大丸の立ち退きが、最大の課題ではあった。

 その八重洲口にお見えしたのが、「グランルーフ」である。「光の帆」をモチーフにして、地下一階から3階までとして、その上は風の邪魔物は取り除かれた。グランドルーフは、グランドノースタワーと、グランドサウスタワーを結ぶ歩道橋でもある。その歩道路には15店舗が出店して、商業ゾーンとなっている。地下一階は、飲食ゾーンである。魅力的だが、確実に高くなっている。ボケ爺のような貧乏人には、歩道橋を、ウロウロして、指をくわえて、他の安いところを探すだけだが。散歩には良い所だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »