« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

特許:アップルVSサムスン

 2年半以上の特許闘争である。なかなか決着がつかない。特に米国では、泥沼状態だ。大きな問題は、サムスンがアップルに訴えたのは「標準規格必須特許」である。これが無いと通信できない。では、製品が出来ない、つまり「独占禁止」事項にならないか?の刑法にかかわってくる。難しい課題だ。

 一方、サムスンの特許侵害は通常、いわばどうでもいい特許だ。米国は、サムスン携帯を輸入禁止にしたが、旧製品だから、サムスンに実質の被害はない。6か月ごとに新製品に代る携帯では、特許そのものに意味があるのか?ICT時代は、「デファクト・スタンダード」と言う、複雑系の仕組みがある。(iOSが無くても、GoogleAndroidOSがあればいい。今はこれがデファクトだが)

 残るは、意地の張り合いであろう。結果は、アップルは、賠償を勝ち取るだろうが、スマホの市場は、米国では、サムスンがダントツのシエアとなった。サムスンは、この裁判で知名度を勝ち取り、実質の勝利。アップルは面子を保ち、賠償金は貰ったが、シエアは全く伸びなかった。ビジネスでは負けたことになる。日本でもこのような争いが出来るほどの技術力になってほしいものだが。

<読書>

「春風伝」葉室麟 新潮社

司馬遼太郎が描かなかった幕末の中心人物の一人、高杉晋作の行動歴である。幕末の長州、薩摩、土佐の動きはめまぐるしく変化をしている。特に、長州の政権変化は激しい。吉田松陰の影響が多い事と、多くの学徒が居たことになる。幕末歴史は面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

残念な出来事

 猪瀬直樹都知事の選挙資金の事件である。ボケ爺は、はっきりと、選挙資金と言い切る。何故か、当初は「選挙に幾ら掛かるか解らなかったので、基金をお願いした」と、言っていた。後の弁解、変更は明らかだ。徳洲会も「要求された」と、言っている。議員会館での「現金渡し」は可笑しい。「現金返却」も時期も変である。

 猪瀬直樹は作家だ。学生時代は左翼だった。裏社会の汚れを抉り出したことで、社会派作家として、尊敬を得ていた。ボケ爺も、好ましい作家と尊敬していた。作品「ミカドの肖像」は、権力社会のダーティーさの暴露は、凄かった。残念!

 権力を持つと言うことは、人を変貌させる。金がかかる選挙で、元を取り戻すには、3倍の悪いことをしなければ、戻らない。権力はそれが出来る。みんな権力者になろうとするのだろう。人間の弱さである。誠に、残念ことである。猪瀬氏にして、真っ赤に染まる。ましておや俗人は。

 十分に貯めこんだお金と、権力で、有能な弁護士を雇い、検事、政治家への働きかけで、無罪を勝ち取るのだろう。人間としての価値は地に落ちた。東京オリンピックが、汚された。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

何故、そんなに急ぐの、安倍さん?

 特定秘密保護法案の採決を、何故、そんなに急ぐのだろうか?きっと米国へ約束でもしたのだろう。更には、NSCも控えている。この法案の審議は国民の前に露呈したのは、ほんの1ヶ月ほどである。それを26日に衆議院で可決に入ると言う。

 世界とは、全く逆行している。米国も、英国も、ドイツも、秘密保護法案は、持っていて、デモクラシーの観点から、今では、その内容を公開すべきだ、との動きになってきている。にもかかわらず日本は、益々、保守化して、デモクラシーの逆行もしようとしている。安倍政権の保守化は目に余るものがある。

 不思議な日本である。知識人は大反対だが。国民は無関心。このままだと、戦時中の特高警察が蔓延ることになる。ある大臣が、戦後の「西山事件を正当化する」ことだ、と、宣言しても、ジャーナリスト動かない。こんなことを書けば危険人物として捕まることになる。クワバラ、クワバラ。

 米国の日本大使のキャロライン・ケネディーに、無批判で酔いしれる日本人は、米国の日本支配下戦略に、安倍政権以下が酔いつぶれてしまうことだろう。哀れな日本人。

<読書>

「空飛ぶタイヤ」池井戸潤 実用之日本社

 三菱自動車の欠陥車の隠ぺい事件の事をフィクション化している。社会、つまり、事件を調べる警察、刑事、弁護士、隠ぺい側の大企業の組織、その中の個人、どれをとっても、今の日本人のノー天気、無責任の実態を暴いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

やっと出たサムスン限界

 週刊ダイヤモンド11月16日版、サムスンの将来の限界の論説。今迄はあまりにも美化、神秘化されたサムスンの姿。その促進役が、通称、サムスン電子の元常務、吉川良三氏である。この吉川氏の肩書は、東京大学大学院経済学研究科、ものつくり経営センター特任研究員、となっている。この肩書きで、サムスンの事態を知りたく、多くの企業は、講演を頼んだことだろう。ボケ爺も聞いたり、本を読んだり、コラムやコメントなどを読めば読むほど、真実が伝わっていないと、ボケ爺、心を痛めていた。

 サムスンの常務とは、仕事の上での業務責任は、日本企業の部長クラスである。残念なことだけれど、大した仕事が任されているわけではない。それがあたかも、業務上の役員だったとして、あたかもサムスンの仕事の全てが分かったかのように、且、美化して、日本人に真のサムスンの姿を伝えなかったことは残念な事である。

 今回のダイヤモンドは良く調べられている。正しい内容が多いと思っている。ここまでの暴露は、真に日本企業は分析、実態を知ることができる。ここまで書けるか、と言える内容である。基礎学の習得を疎かにして、経営継続を維持出来る訳がない。

 何を言おう、ボケ爺、サムスン元専務を5年間、務めた実績から評するのである。

<読書>

「経済成長がすべてか?」ヌスバウム  岩波書店

 グローバル市場と言い、経済成長の為に競争力ばかりに気が取られ、人文学、芸術を疎かにされている。いま、本当に、経済成長が第一か?心の豊かさが最も重要な事。その為には、教育だ、学習だ。それは、人文、芸術だ、と主張する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

小雪

 今日の季節は「小雪」だそうだ。「こゆき」ではない。1122日は「夫婦(22)いい(11)日」だそうだ。世は悩みごとの無い太平だと言うことか?それとの諦めなのか?

 茅野の諏訪東京理科大で、教授との打ち合わせで、あずさ号で出かけた。ほぼ満員だ。この線も最近混むようになったと言う。アベノミクスのお蔭か?甲府で、多くの人が下りる。東京駅からで、時間的には東海道新幹線の名古屋ほどの時間である。茅野までは、ちょうど京都までの時間と同じこととなる。

新幹線では、車窓を見ようとは思わない。何時も「C席」の通路側が、煩わしくなく良い席だ。しかし、特急あずさ号ほど適度な速度は、車窓を眺めては、いろんな発想を楽しめる。旅をしている、と言う異世界に浸ることができる。人間の発想力は、異世界を経験してこそ生まれるのだ。異世界の発想力が、創造性をはぐくみのだろう。リニア―新幹線なんていらない。創れば、日本人は益々、愚かになるだろう。

八ヶ岳の奥の山には積雪が見える。南アルプスも頂上付近はうっすらと「小雪」が積もっている。茅野は、紅葉の最盛期は過ぎたが、まだ紅葉の美しい眺めだ。教授とも同意が得られた。豊かで、満足な日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

サスティナビリティー

 昨日、モノづくり総会が開かれて、「涌井雅之」東京都市大学教授、コメンテイターの講演を聞いた。石田東北大教授とよく似た内容であった。つまり「ライフスタイルの変革」が伴われなくては成り立たない、と言う。

 人類の欲望を抑え、生物多様体に学んだ科学技術に軸足を移さなければならない、と断言する。物を欲するのではなく、感性を買うことだ。感性とは、見えないモノを見る、事であると言う。これからは、「第三革命」時代に移行する。それは「環境革命」時代である。

 地球の温暖化は0.6℃上昇、2℃が限界であると言う。日本の十大都心の平均気温の上昇は、2.5℃までに昇っている。もはや環境自律が出来ない状態だ。東京は、東京駅の上を風が通るように、中央線を次の風の通り道に仕上げると言う。ビルの高層化を認め、敷地面積を狭くして緑地面積を広める、と言う。

 日本には、昔から、自然と共に生きる知恵を持っている。土砂崩れ防止に、棚田。治水に数々の工夫で、洪水を避けてきた。津波に対抗するために、30mもの幅の松林と水路を建設して来た。

 日本人は「いなす」力がある。歯には歯ではない思想である。「振る舞う心」「もてなしの心」「匠の心」これを尊ぶ心の日本人が少子高齢化時代の先端を先導しなければならない。と言う。その通り!ボケ爺、自然から学ぶ科学技術の開発に現役でいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

小春日和と言って良いの?

 昨日も太陽に照らされて心地よかったのだが、今日はさらに気温が上がっている。先週の中ごろに、東京は木枯らし一号が確認されたので、昨日、今日は、小春日和と言って良いだろう、と思うのだが?

 昨日、裏ドアの下に、ヤモリが白い腹を上にして、死んでいる。久しぶりに出会うヤモリ、わが家を守ってくれていたのに。ドアに挟まれて亡くなってしまった。おしいことをした。ボケ爺の死骸のような真っ白い哀れな姿だった。合掌!

 玄関周りの木々が、この夏の干上がりで、哀れに思い剪定を止めていたところ、その後の思わぬ大雨により、元気に伸びに伸びて、お化け屋敷の玄関の様だったので、ここ2日で剪定をしたのだが、その量が尋常ではない。燃えるゴミとして有料だ。LLサイズで、約10袋、10cmの幹も含まれる。

 ボケ爺は脳の障害者だ。脚立に昇り、高いところに、へっぴり腰で背伸びして、枝を切り落とす姿は哀れそのものだ。近所の人が憐れんで声を掛けてくれる。本来なら、庭師を頼むのだが。ボケ爺は、リハビリ、健康のため、筋力アップにと、欲張って頑張ったおかげで、腰板を起こしてしまった。明日からの通勤電車は、如何しよう。オッチョコチョイなボケ爺!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

ヒッグス粒子の次は?

 今年のノーベル物理学賞は、英国のピーター・ヒッグス博士と、ベルギーの学者であった。日本の学者や、技術が貢献したと報道されてはいたが。それにしても半世紀の前に予測して、存命中に証明されたことは素晴らしいことだ。夢の想像性、創造力の賜物だ。

 証明には、加速器が必要だ。その生産、解析には100人以上の日本人ものか関わりがあった、と言う。ヒッグス粒子で、全ての生物は形を保てている、と言う。もしも、粒子が無ければ、全ての生物はアメーバ―のようなグチャグチャであったろう。不思議なことだ。美人も、醜人もヒッグス粒子に感謝すべきだ。

さて、ヒッグス粒子の次はあるのだろうか?が、すぐに疑問となる。学者たちは「在る」と言う。暗黒宇宙物質がそれだ、と言う。

 19世紀末に電子が発見されて、全ての生物に電流が流れている。電流の犯人は電子の活動である。電気製品はすべて電子を応用している。CTMRTは電子の流れで出来る磁界の動きを捕まえている。

 その後に発見された陽子、その後の中性子を使って、がん医療に活躍している。ヒッグス粒子を人類の為に活用するまでには、まだまだ時間はかかる。その前に、次なる粒子が発見されなければならない。その為の加速器の建設を日本が名乗りを上げている。ぜひ実現して欲しい。8000億円で夢が変えるなら安いものだ。

 ボケ爺も、遅ればせながら、中性子に関した小さな開発を試みている。

<読書>

「彦九郎山河」吉村 昭 文芸春秋

儒学者として有名だった江戸末期の高山彦九郎の晩年の活動を、資料をベースに忠実に再現されている。彦九郎が日記を残していたことによりノンフィクションである。19世紀の半ばは、ロシアの南下での蝦夷の不安、浅間山の大噴火、深刻な東北の飢饉、と。旅をしてその実態をつぶさに綴っている。現在に繋がる不安な世相だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

PIAACをご存知ですか?

 調査して、なんでも比較をしたがるのは、人間の性だろうか?世界経済力機構(OECD)の名は良く聞く。OECDが、世界24か国、16歳から65歳までの対象に、「日常生活、仕事で必要な力」の実力を調べた、と言う。それが、「PIAAC」と言う。「PISA」の大人版である。結果は、日本はトップにランク付けされた。にわかに信じられないのだが。「PIAAC」が優秀であることは「成人力」がある、と言うことだ。

 良く知られている様に、日本は世界の先頭を走る高年齢国だ。しかも人口減少(少子化)も世界の先頭だ。だから高齢者を活用した社会を作り上げることは、世界の評価モデルとなる。

気になるコメントは、与えられた課題には熱心だが、自らの挑戦の、「創造力、独創力」は劣る、と言う。ここは、いつもながら変われない残念な日本人気質だ。

さてどうすればいいのだろう。「出る杭を育てよう」「横並びを嫌おう」「議論を楽しむ人を増やそう」「変わり者と仲良くなろう」、など、ついでに「ヒネクレボケ爺を可愛がろう」と悪乗りをしたい。

<読書>

「死顔」吉村 昭 新潮社

若くして肺癌で、ろっ骨を切り落とし、高齢時では、舌癌で、膵臓癌などと戦って亡くなった著者。九男一女で、八男に生まれ、京大の多くは幼少で亡くなって、死顔を見つめてきた。新しい記憶は脳の記憶量が満杯になり、物忘れが起きる。若い時の記憶は脳に残っているらしい。死期には、若き頃の思い出が呼び起される、とした作品だ。ボケ爺は。著者の小説群から、幕末から明治の初めまでの歴史を学んだ。合掌!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

アメリカの製造業は?

 アメリカの雇用率が改善されて、株式市場は上昇している。オバマ大統領の世界での権威失墜、二頭政党のテイタラクとは、関係はないらしい。GNPの成長率は、2.8%と、順調だ。政治と経済の不思議な関係だ。何時も政策と実態にはタイムラグがあるからだろう。

 GEのイメルトCEOが曰く、「競争力のあるモノづくりが可能となって来た。」その理由は、①自動化によって生産性が、人件費に頼らず伸びている。生産性は製造業の根幹である。②製造技術の飛躍的なイノベーションが起きている。それが3Dプリンティングである。③米国に顧客がいる。生産地生産と、全てを自社で生産しない「機敏性」が身に付いてきた。と言うことだ。

 さて、日本に当てはめれば、如何にあるべきだろうか?確かに、①の自動化で生産性が向上した、は日本が先頭を走っている様に思える。が、日本の下請け政策が足を引っ張っていないだろうか?流通が複雑すぎる。ワンティアはまだいいとして、3,4ティアまで存在する。②③に付いては残念ながら、大幅に遅れてしまっている。

 製造業がすべてではないのだが、それにしてもアベノミクスの経済成長戦略は、あまりにも化石的発想だ。化石的人材に頼る日本人の気質なのか?

<読書>

「10年後の世界」ダニエル・アルトマン 角川書店

 40年後、50年後の世界などの未来学が盛んであるが、ここでは、たかが10年先である。①経済成長は限界がある。中国は失速をして、EUは分解する。②その成長を拒むものは、1)民族が存在する。2)貧困の差は永遠だ。3)政策には必ず批判が起きる。③ある程度の成長はあるが、それには大きなリスクがある。1)人口構成の歪、2)グローバル化により貧困は避けられない。3)政治、政策が邪魔だ。など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

いつの間にか11月

いつの間にか、11月も10日を過ぎようとしている。毎日通う中央線、総武線の沿線の外堀、神田川の土手の木々も、紅葉が始まってきている。この10日間は、いろんな事が起きて、ブログを更新できなかった。結果は思った通りに進まず悪い事ばかりだった。心の余裕が無ければ、ブログの案が思いつかない。作家で無いボケ爺でも、生意気な事を言う。

 その間、書道を習いだしたのだ。70歳の恥さらしとなっている。隔週であるが。少しは心の余裕を、と思ってのことだ。それ以上に、物事は、「修行」から始まるのではないか?の検証を始めたかったからだ。さて、どんな結末になるのやら。学習とか、コーチングとか難しい話があるのだが、どうやら人類は、修行を忘れて来た気がするのだが。

 開発の基本の予測が外れてしまった。ゼロからの組み立て直しが必要となってしまった。辛い次の道程が待っている。やるべきことは夢の成功だけだ。ボケ爺は決してくじけては、いない。また明日から修行だ。

<読書>

「修業論」内田樹 光文社新書

作者は、まだまだ元気だ。現実を見つめ、現実を分析して展開できる哲学は、素晴らしい。論者として右に出る人物は少ない。又、作品の多さも特別だ。ボケ爺には付いていけない。この「修業論」の中身は、ボケ爺の人生、サラリーマン時代のOJTに、実感にとして感じる事と一致することが多い。論説は、別途取り上げたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

島倉千代子が!合掌

 純真無垢、歌に生涯ささげた 島倉千代子が亡くなられた。合掌!まだ75歳である。女性の平均寿命には、ほど遠い。癌の転移だと聞く。現役で死ぬことが出来て良かったのだろうか。「人生いろいろ」だな。。。

 ボケ爺は、流行歌は、全くの素人である。音痴で、人の前でのカラオケは極力避けている。しかしながら、二人の歌手には、興味を惹かれていた。一人は美空ひばりである。あの絶対音感と、声の太さには、参ってしまう。鞍馬天狗時代の映画からだ。

 一方、島倉千代子の音程の危うさに、気にさらせられながら歌い終わる弱弱しさ?の魅力、素人さ、と言うか、純粋無垢さ、が伝わり、歌い終えるとホッとする。この魅力に、惹かれ、惑わされていた。

 二人とも歌がうまかったのか?歌詞が良かったのか?二人ぞれぞれの歌詞には、しんみりとした。人生の喜怒哀楽が含まれていた。それが似合った。永遠なり。合掌!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »