« 日曜日の大阪にて | トップページ | オックスフォードにて(11日) »

2013年10月13日 (日)

エアバス380機上にて(10日)

 6時に家を出て、10時には、エアバス380(LH711)の機上人になっていた。長期休暇をもらったので、秋のロンドンにてノンビリしたかったからである。直行便は1か月前から一杯で、フランクフルト経由しか取れなかった。エアバスは決して重そうに飛び立ったわけではない。

 エアバス380は、ご存知のように、総二階建ての巨大な飛行機である。一階はエコノミークラスで、420席が用意されている。B747と比べても桁違いの人数だ。2階はビジネスクラス92席、ファーストが意外に少なく10席しかない。横3・4・3列のエコノミーが満席であるで、絶景である。(今が一番、航空運賃が安い時だった。)トイレは結構用意されているのだが、稼働率は4割である。6割が壊れている。何時も長蛇の列となり、残念だ。最前列からと、最後列から、二階への立派な階段がある。昇ろうとしたが、止められた。フランクフルトの空港は、A380用の専用ゲートがAターミナルに立派にできている。

 ロンドンヒースロー空港に到着、至るところでやり替えている。オリンピック後で力尽きた感じがする。ターミナル5が完全に変わっていしまっていたのはオリンピックのお蔭であろうか。バスにかけ乗ってオックスフォードに到着、ホテルのチェックインが終わったのが7時である。約24時間の行程であった。残念ながらアクシデントは起こらなった。ケンブリッジとは一味違う学生たちの、にぎやかな声が聞こえる。明日からの観光が楽しみである。

|

« 日曜日の大阪にて | トップページ | オックスフォードにて(11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58373472

この記事へのトラックバック一覧です: エアバス380機上にて(10日):

« 日曜日の大阪にて | トップページ | オックスフォードにて(11日) »