« 愚衆の養成場 | トップページ | 島倉千代子が!合掌 »

2013年10月27日 (日)

保守化に前のめりの日本

 安倍首相は、何故こんなに急いで保守化へ急ぐのであろうか?3年で政権が終わる、かのようだ。今日の自衛隊観閲式の発言にも強く現れている。安倍首相は「強い日本を取り戻そう」の旗印を挙げている。安倍首相の言う「強い日本とは、①軍事化による抑止力強化、②経済大国、つまり成長率、GNP額の向上、と言う事らしい。「古い日本に回帰する」ことである。

 今は、秘密保護法案を、本国会で可決する、と強い意志を示している。危険極まりない。自由な論戦が出来ない、秘密、と言うことで情報公開はされない。暗黒の時代に遡ってしまう。

 次は、安全保障条約の改定である。アメリカと共に安全保障と言う名目で、色んな軍事政策が自由に決めていける事となる。アメリカの傘下で、共同戦略を組もうとしている。

 その次が、自衛隊を、軍事省として、アメリカの危機の基、と言う名目で、アメリカと共同で戦争を出来る法令となる。

 その次が、憲法改定だ。上記の意味解釈にいろいろ制約が生まれて、色んな批判が出る可能性を黙らせようとする為である。

 こんな4段ステップで、「積極的平和主義」を遂行しようとしているのだが、今の日本の大衆は目を瞑ってやり過ごそうとしている。これでいいのか?

過去は過去であって、世界情勢、パワーバランス、など、全く変わってしまっている。も関わらず、安倍思想の歴史観が化石化している。これからは文化だ、と。むなしくボケ爺は叫び。

|

« 愚衆の養成場 | トップページ | 島倉千代子が!合掌 »

コメント

いままで我慢してきたタカ派が,ここぞとばかり,羽根を
伸ばしているのでしょう.今ならば,少々のことをやっても国会を通すことができるので.

力の落ちてきたアメリカは,中国に対抗するために,日本を取り込みたい.そのために,日本をおだてているのではないでしょうか.

残念ながら,そうなることが判っていても,そういう(自民党が勝つように)投票をしてしまったのが国民なので,どうにもならないでしょう.

地方の利益代表が,国の方針を議論すること自体がおかしなことのように感じます.が,それもどうにもならない.

残念ですが,このまま,US・日本と中国(韓国)との全面対決になり,US・日本は敗れ去る,という結果になりましょう.それもどうにもならない.

判っていても,止められないのが人間の悲しい性だな,と感じます.

投稿: 憂国人 | 2013年11月 6日 (水) 14時58分

憂国人>
鋭い観察力に径を表します。頭が下がります。
おっしゃる通りです。

感服です。

投稿: ボケ爺 | 2013年11月 6日 (水) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58464012

この記事へのトラックバック一覧です: 保守化に前のめりの日本:

« 愚衆の養成場 | トップページ | 島倉千代子が!合掌 »