« 最後にアクシデント(16日) | トップページ | また先月も貿易赤字 »

2013年10月19日 (土)

時差ボケの夢

 17日の朝八時に静かに巨体は着地。その日は事務所に寄って、溜まった課題を整理して、昼食は日本食。午後から、第11回積水化学「自然に学ぶものつくりフォーラム」に出席した。

「龍安寺石庭の謎に迫る=戦国時代にレオナルド・ダビンチに迫る天才が居たのか?」は、実に興味深い研究だった。フラクタスであり、石の配置は、ダビンチの黄金率になっていると言う。

「生物はどうやって大自由度を制御するのか?=粘菌に学ぶ集団統御と強調の智恵」は自律制御の成立条件は?これも誠に興味深い研究だ。あのジャンボ機の先端のフラップの動きも自律制御なのか?目から鱗とは?こ実用化には遠い研究に、毎年、積水化学社は支援する。文化を作る企業だ。

 今日も朝から時差ボケだ。旅の思いが夢に。ZEN・禅との旗で、日本食店かと思い、入ってみると、テイクアウトライク(スターバックスを真似た)のイギリス版。禅の心がイギリスに?緑茶も至る所で飲める。

National Theatreの建築は奇天烈、複雑怪奇、内部も迷路だ。発想が複雑すぎる。Tate Modernは古い建物の改造、増設、さらに奇想天外な追加の建築が進んでいる。使い方は?ここも、入場料は取らない。

Royal Opera Houseは巨大で圧巻だ。5ポンドの席もある。桟敷席は日本の半額。その隣には、Duchess劇場(ライオンキング)未だに公演中。St. James’s Parkでは、リスや、トリ類が人と一体が愛嬌を振りまいている。

地下鉄では、Hitachi宣伝の存在感がある。電車の入札に成功しているからだ。明治の電車はイギリスから、今は逆になった。時差ボケが治らないと、何時までもロンドンの夢を見てしまう。ユルイ脳が益々緩くなる。クワバラ、クワバラ。

|

« 最後にアクシデント(16日) | トップページ | また先月も貿易赤字 »

コメント

無事のご帰国お疲れ様でした。充電の欧州行で不死鳥の様に・・・
又、土産話をお聞かせ下さい。
拙僧の野球は大分で高松宮賜杯に手が届かずベスト四位に終わりました。

投稿: 相棒 | 2013年10月20日 (日) 09時18分

相棒>
高松宮賜杯、おしかったですね。残念!
また来年があります。リベンジの楽しみがあります。
しかし、良く体力が続きますね。羨ましい。
近々、愉しいお酒でも一献。

投稿: ボケ爺 | 2013年10月20日 (日) 10時41分

we offer you entire color printing on the discs. The print coverage is entire face, this implies the print spans from the outer edge to the internal hole of the disc. The discs are printed in a standard finish that is inbetween a matt and gloss end.

投稿: decathlon | 2013年10月26日 (土) 00時02分

Thanks for using the time to examine this, I come to feel strongly about it and adore understanding a lot more on this topic. If achievable, as you acquire knowledge

投稿: bottes noires plates femme | 2013年10月30日 (水) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58415492

この記事へのトラックバック一覧です: 時差ボケの夢:

« 最後にアクシデント(16日) | トップページ | また先月も貿易赤字 »