« 彼岸好日(その2) | トップページ | トカゲのしっぽ »

2013年9月28日 (土)

あまちゃん最終日で好日

 朝は寒さを感じる。早くも床を離れるのが嫌になるようだ。晴天で、遅くなった夜明けの美しさを拝められる時期となった。鳥も感慨にふけって静かだ。

 あまちゃんが最終日を迎えた。朝ドラは見ないのだが、あまちゃんは、必ず見るようにした。ストーリが、飛んでいて創造性をくすぐられた。奇想天外とはこのことを言う。フィクションとノンフィクションとの間を行ったり来たり。主人公の能年サンの演技も、並の表現力ではない。久しぶりの大物か?取り巻く個性な俳優の人々の演技も素晴らしい、うまかった。

 散歩中、カラスが飛びだしてきた。赤い何かを銜えている。屋根で食べ始めた。振り返って飛び出してきたところを見れば、柿の木からだった。色付いた柿の実の一部だ。カエルも色付きが分かるのだ。腐って来たボケ爺と判断力は同じレベルだ。愉快、愉快!

<読書>

「酒との出逢い」文芸春秋編 文春文庫

有名人の酒とのモガキが記されていて、愉快だ。多くは、酒豪の酒の思い出が面白いが、下戸も味がある。ボケ爺も、オッチョコチョイだから、特に、酒が、ほんのチョットはいるだけで、調子に乗ってしまう。だから多くの失敗歴がある。何れか、ブログに、と書き貯めている。一人酒が似合う歳になって来たのか?

|

« 彼岸好日(その2) | トップページ | トカゲのしっぽ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58282721

この記事へのトラックバック一覧です: あまちゃん最終日で好日:

« 彼岸好日(その2) | トップページ | トカゲのしっぽ »