« あまちゃん最終日で好日 | トップページ | 後3か月 »

2013年9月29日 (日)

トカゲのしっぽ

トカゲのしっぽとは、ボケ爺のように、要件が終われば切り捨てられる、ことで使われる。口にはしたくない言葉である。今日はチョット違う。庭で草取りをしていると、トカゲが、数匹、元気にウロチョロしていたので、しっぽをつかんでみたら見事に、切り離して、逃げて行った。嫌な現象を見てサラリーマン時代を思い出させられた。

生物の不思議な生命力である。生命は柔らかい。柔軟である。機械のように融通が利かないことはない。夏場は昆虫が多い。生物の種類では、ダントツに昆虫類だ。生きるに柔軟である。温度の変化に柔軟であり、乾燥にも柔軟である。人間が生かせる機構を持っている。セミの抜け殻が転がっている。生かせるものはないだろうか?と眺めてもアイデアは浮かばない。秋の夜長の昆虫は、どの様なしたたかな生き方をするのだろう。

<読書>

「やわらかな生命」福岡伸一 文芸春秋

生命とは、芸術と科学をつなぐ深く、色鮮やかな本質である、と言う。まさに言い当てている。粘菌には、真正粘菌(きのこ類)と、細胞性粘菌が居る。細胞性粘菌は、単細胞のアメーバ状であり、あるところから、アメーバが群をなして行動する。やがて、突起が出来て胞子を発散する。魔訶不思議である。利己的は単細胞が、利他的に行動できる。生命とは、可変性であり、柔軟性に富んでいる。この柔らかさが生命だ。と言う。

|

« あまちゃん最終日で好日 | トップページ | 後3か月 »

コメント

先日有志の同窓会が有りました。6名のミニ会でしたが各自ドラマがあり、勝敗のつかない人生かなと改めて感じました。
秋の虫達は相棒を求めて精一杯鳴き続けて居ます。私の相棒は・・・
又、思案の旅に行きます。

投稿: 弱音の相棒 | 2013年9月30日 (月) 18時45分

弱音の相棒様>
ボケ爺は、いろんな集まりに出るのが苦手です。
みじめな人生さらけ出したくないからです。
トカゲのしっぽの人生だったかですね。
ボケ爺は、孤独が似合い、大好きです。
又、又、懲りずに、トカゲのしっぽになることが分かっていて、仕事、引き受けてしまいました。
弱い心が、仕事に逃げてしまうのでしょうね。
「弱い」は、何時までも引きずります。残念なり!

投稿: ボケ爺 | 2013年10月 1日 (火) 10時08分

天利(余り)にも陽の当たる世間を渡って居られて強気の師匠に有るまじき言葉。全く似合いませんよ。新しいテーマの内容教えてくださいね。夢を分けてください。楽しみにしてます

投稿: 弱音の相棒 | 2013年10月 1日 (火) 14時57分

弱気の相棒様>
これが真の事実です。情報は共有しましょう。
夢はなくなりましたが。

投稿: ボケ爺 | 2013年10月 1日 (火) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58290308

この記事へのトラックバック一覧です: トカゲのしっぽ:

« あまちゃん最終日で好日 | トップページ | 後3か月 »