« 日本の技術革新に必要なものは | トップページ | 靖国神社を巡って »

2013年8月17日 (土)

空は秋

 とにかく暑い。良くもここまで続くものだと思う。オン脱化だとは思わないが、偏西風、や、海面温度の変化の大局的なところが、偏っているからだろう。この異常気象が2~3年続くと、本格的な寒冷期に入ることだろう。

 今日の午後の空には、一面に「スジ雲」が広がって積乱雲は見当たらない。空は、すっかり秋である。アリの動きも活発になって来た。秋支度である。そう言えば、トンボが目立つ。今頃、来年に地上に出ようとしていたセミが、無理やり地上に追い出され、一週間の命を、惜しみなく騒いでいる。

秋の白ユリが悠然と太陽の光線を弾き飛ばしている。ヒガンバナ科のピンクの花が、ひっそりと、実篤公園の隅に咲き誇っている。

 盆休みは過ぎたのだが、ボケ爺の体力は、未だ回復しない。昼寝は十分だが。歳と夏バテに負けている。残念。

<読書>

「ニシノ ユキヒコの恋と冒険」川上弘美 新潮文庫

この暑さの時には、気楽に読める本が良いと。ベランダでそよ風の中、昼寝しながら。それにしても、現在は、のらりくらりのニシノ君は女性に良くもてる。年上の女子にも。同時進行で、付き合いもできる。それらの女性たちが、そのことを知っていても、付き合ってくれる。今はそんな時代なのだろうか?

|

« 日本の技術革新に必要なものは | トップページ | 靖国神社を巡って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/58011770

この記事へのトラックバック一覧です: 空は秋:

« 日本の技術革新に必要なものは | トップページ | 靖国神社を巡って »