« 鬼百合の誇り | トップページ | ヒニクレ者と、天邪鬼者 »

2013年7月 3日 (水)

世紀末ジャパン

 今の年寄り連中、或は企業は、昔の良き時代のバブル前へ回帰したがって、古い概念が未だに、呪縛となって淀んでいる。時代は変わっているのだが。それが理解できない。社会なり、経済は、バウンダリー(境界条件)が変われば違う振る舞いになってしまう。多変数関数を解けば、すぐにわかることだが。

例えば、医療費の低減には、必要なのは「競争」より「協調」なのだが、こんなところにも、アメリカの自由競争主義が蔓延している。大型の病院が普及している。人口千人当たりの入院ベッド数は、13.6、ドイツでも、8.3程度。患者の在院日数も世界と比べて穴出している。CTや、MRIや、高額医療機器の人口当たりの設置台数も、際立って日本は多い。病院は都心に偏在している。患者数を増やすこと、保険金の増加を狙った金儲けの競争をしているからだ。

 アベノミクスの経済成長にも医療事業を重視しているが、経済成長の増強に使うつもりだ。医療に必要な事は、経済成長と言う金儲けの俗なことではなくて、充実を図ることだ。つまり競争から、協調への政策が必要なのだが。残念な日本がここにもある。

 企業においても同じことが言える。秘密主義、競争主義で、利益を減らしている。今は昔と違う。協調の時代である。共同して開発する技術を構築する時代である。

|

« 鬼百合の誇り | トップページ | ヒニクレ者と、天邪鬼者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/57718215

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀末ジャパン:

« 鬼百合の誇り | トップページ | ヒニクレ者と、天邪鬼者 »