« 戻り梅雨のような日 | トップページ | レアアースの代替戦略 »

2013年7月31日 (水)

7月最後の日

 31日は、当然7月最後の日。駆け込みBlogである。今年も梅雨明けは、早く明けたのに集中豪雨の災害が出ていしまった。毎年の恒例となってしまったことは残念だ。ボケ爺の庭には、格好の水の補給であった。元気のなくなった庭木は、やっと元気を取り戻した。百日紅は、薄ピンクの優しい花が爽やかにそよ風で揺れている。お気に入りの色の百日紅だ。

 世田谷バイアスの街路樹は、百日紅だ。今、一斉に咲き誇っている。今年は、セミの鳴き声が少ないし、遅い。朝方の小鳥の鳴き声は、4時半ごろから、5時半ごろまでが激しい。6時頃からは暑さのために、声を潜めてしまう。小鳥だって、夏バテなのだろう。兎に角、猛暑が続く。夏バテ気味なボケじいだが、スタミナ食は効かない歳になってしまっている。残念!

<読書>

「この君なくば」葉室麟 、朝日新聞出版

「この君なくば一日もあらじ」、この愛に一筋、この気概に一筋、この君子に一筋、この使命に一筋、この学問に一筋、この教えに一筋、この思想に一筋、で、一日もあらじ、になり切れるか?著者の作品にしては珍しく、滑稽なストーリとなっている。が、中身は濃いい。

|

« 戻り梅雨のような日 | トップページ | レアアースの代替戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/57901505

この記事へのトラックバック一覧です: 7月最後の日:

« 戻り梅雨のような日 | トップページ | レアアースの代替戦略 »