« 美しい紫陽花 | トップページ | 三度目の経済危機 »

2013年6月16日 (日)

梅雨の合間に

 我が家の近傍では、昨夜から、雨が降り続きました。静かな雨です。切り込み過ぎた木々には幸いした長期の雨である。ボケ爺、こんな、しっとりした雨が、何ゆえか大好きなのです。

 午後に入って、雨が止んだので、梅の実を摘むことにした。今年は豊作だ。梅の木の下の我が家の住人のガマガエルが、仕掛けたのであろう。毎年少し収穫した梅の実を使って梅酒にするが、まともに飲んだことが無い。先日、10年モノを始め、全て捨ててしまった。今年は5瓶ほど作れるが?どうしよう。

 熟した実が道路に落ちて、自動車が通るごとに、バリっと音を立ててつぶれる。近所の人々が嫌がっていることが分かる。子供たちは、石けりの石に見立てて、楽しく遊んでいる。

 庭の中にも多くの実が落ちるのだが、決して梅の苗は生まれない。花を咲かせ、甘い匂いで昆虫を集め、婚活をするのだが、一本しかない梅は、近親相関を嫌って、無精雌しべの実となっているのだろう。椿や、千寿、万寿などは、いくらでも苗木を増やしているのだが。植物も良く考える。

<読書>

「世界が一目置く日本人、残念な日本人」辺 真一 三笠書房

在日韓国人が書いた日本人への応援歌である。古き良き時代の日本の倫理感を取り戻してほしい、と訴える。しからば、日本は世界から尊敬されるであろう。もっと楽観的に、韓国中国など問題外である。彼らが日本を追い越せる訳がない。「親切」「勤勉」「誠実」の良さに気が付く事、そして、「忍耐」強く。

|

« 美しい紫陽花 | トップページ | 三度目の経済危機 »

コメント

久し振りの恵みの雨が紫陽花をはじめ植物には何よりの馳走でした。
不毛の砂漠にも花園の夢を抱きて

紫陽花の 紫紺と真紅 甦り

アジサイに 墨田の花火 目に嬉

野球馬鹿です。そんな名前と色付きの品種が有ります。

投稿: 相棒 | 2013年6月17日 (月) 08時58分

相棒>
相棒も紫陽花に、特別の思いがあるのですね。
野球と言い、青春はまだまだ続ていますね。
バカは、ボケ爺の専売特許ですが?

投稿: ボケ爺 | 2013年6月17日 (月) 09時03分

近所を愛犬と散策していました。嬉しい情景を報告致します。

家の前に池があります。カイツブリが久し振りに卵を抱きコンビで頑張っています。何羽孵るか楽しみであり心配です。仕事と一緒です
電線に鶯が停まり盛んに美声をご近所に披露していました。近くの竹藪から出張り自分の存在を完璧に5回も相棒に伝えていました。

助太刀も 息吹有りての わが身かな      
鳥達も 次の繫栄 睦見合い

投稿: チロルと散歩 | 2013年6月19日 (水) 08時30分

チロルと散歩>
情景が浮かびます。カイツブリの仕事を見守りましょう。
そうですね、何事も、自己主張が大切でしょうか?
ボケ爺、引っ込みたくて!!
それにしても見事は句の披露、ウグイスの鳴き声の様です。

投稿: ボケ爺 | 2013年6月19日 (水) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/57605037

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の合間に:

« 美しい紫陽花 | トップページ | 三度目の経済危機 »