« 無価値な自分 | トップページ | 福島原発廃炉工程見直し »

2013年6月 9日 (日)

みじめな紫陽花

 雨に濡れてこそ、美しい艶のある紫陽花の花が、葉っぱごと、しおれてきている。雨乞いをしているのだ。空梅雨がもたらした、もう一つの悲しい現象だ。我が家にも紫陽花があるが、剪定の仕方が悪く、今年は、花をつけていない。残念!溜池も悲鳴を上げてきている。今年は、水不足で水制限が予測できる。

 一方、首都は、地下水が増えてきていると言う。40年で、場所により60mも上昇しているらしい。高度成長時代(ボケ爺の青春時代)地下水のくみ上げ過ぎで、地盤沈下(20cmほど)が話題になっていた。くみ上げを制限されて、水位が戻ってきたのだ。23区内に、48か所の観察所があり、その結果である。

 効果があったことは良かったが、首都は、地下の利用を促進しているので、単純に喜べない。既存の構造物は、腐敗が早くなっているという。今からの計画地下は、水漏れに莫大な費用が必要だ。地下駅は浮駅になっている。上野駅もしかり。首都高速中央環状五反田地域もしかり。この地下水を人口で制御しようとすれば、神はきっと牙をむくだろう。自然は支配できない、が、ボケ爺の思うことだ。クワバラ、クワバラ。

紫陽花の艶の花見たく雨乞いを

|

« 無価値な自分 | トップページ | 福島原発廃炉工程見直し »

コメント

昨日は近江膳所城址行きました。
今日は野球Wヘッターの後、宇陀松山城址に登城しました。
しんどいですが師匠が居られるので何とか頑張ります。
我が家の紫陽花も負けずに色付きはじめてます

機会があれば見に来て下さい

投稿: 相棒 | 2013年6月 9日 (日) 21時43分

相棒>
精力的ですね。ボケ爺、みじめな紫陽花です。
精力の源がありません。

投稿: ボケ爺 | 2013年6月10日 (月) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/57557122

この記事へのトラックバック一覧です: みじめな紫陽花:

« 無価値な自分 | トップページ | 福島原発廃炉工程見直し »