« 「近未来への招待状」 | トップページ | 古い日本への回帰? »

2013年6月 1日 (土)

今さら日経の読み方

 ボケ爺の歳になると、知っておかなければならない基本があるのだが、勉強不足で、いまさら、聞けない事が多い、残念なことだが。日本経済新聞社主催の、「日経の読み方in立川」に参加してきた。

 その前に、立川駅、その周辺の混み方は、並ではない。新宿、渋谷、吉祥寺を上回るほど混んでいる。立て看板に、「多摩の中心は立川に!」、なるほど、と感心した。

 日経新聞の今さら聞けない読み方、だけではなく、経営コンサルティングの「小宮一慶」の講演を聞きたかったからでる。とにかく、「毎日、数字を追っかけて、自分の経営、あるいは経済の指標を作るべきだ。」数字を語れない経営者(企業人)は失格だ、まで言い切っている。

 アベノミクスは、簡単に言えば、「短期インフレを起こし」、ムードを作る常識を実行しただけである。赤字の企業が、解雇する常道と同じである。日本のもっとも危ういのは、円安になって、本当に、「貿易が増えるのか?」つまり、貿易収支が黒字化出来るか?に掛かっている。生産場所は、海外に出てしまっている。日本から売れるものは少ない。一方、輸入額は確実に高くなっている。

 ヨーロッパは、金融バブルの最中である。いつ爆発するか?アジアの成長率は停滞に向かっている。唯一、アメリカが順調のようである。これらの見方は、ボケ爺とそんなに違っていなかった。

<読書>

「脳科学がビジネスを変える」 萩原一平 日本経済新聞社

日本は、脳の働きと行動学、情動学の研究が遅れている。第4の革命は、脳の研究、つまり脳と行動、心の研究をよく知るべきである。心理学は難しい。

|

« 「近未来への招待状」 | トップページ | 古い日本への回帰? »

コメント

野球は是から本番です
真夏も地獄の戦いが待っています

豊潤か 可憐な華と 宵そいし

投稿: 相棒 | 2013年6月 5日 (水) 13時50分

相棒>
体に気尾つけて、若くないでっすから。
しかし夢をもって。

投稿: ボケ爺 | 2013年6月 7日 (金) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/57503916

この記事へのトラックバック一覧です: 今さら日経の読み方:

« 「近未来への招待状」 | トップページ | 古い日本への回帰? »