« レッドアイ航空便 | トップページ | 「嫌な」緊張感に突入 »

2013年5月22日 (水)

クレマチス

 陽気が良くなって、万物が次第に長じて天地に満ち始めることから、5月21日は「小満」と言う。ふたご座が始まる日でもある。一週間ほど前に、送られてきた「クレマチス」の花が一斉に開きました。清楚な青紫の大花は、「心の美」と言う花言葉がある。

 クレマチスが送られてきた時は、つぼみであった。説明書には、花を美しく、一斉に開花できるように、開花時期のタイミングに合わせて、温度を下げ、水やり制御していました。できるだけ、光に当てて、水をたっぷりあげてください、と。人間は、なんでも自然を制御できると、思い、こんな鉢植えの花まで、開花時期を制御して付加価値を増やそうとしている。可哀想なのは、クレマチス。美しく開花した姿に、ボケ爺は同情をしている。

<読書>

「ブルーエコノミー」 グンター・パウリ  ダイヤモンド社

「ブルー」とは、自然の成り行き、自然の営みを尊重して、自然の輪廻にしたがって、行動する、ことと定義されている。即ち、自然の営みに沿った経済活動をしよう、と、唱えている。今日の科学、技術は、自然に逆らって、自然を克服して、何事も解決できる、と信奉している輩が多すぎる、と警告を発している。

科学技術で、征服を試みるとエネルギー無限大となってしまう。これでは人類はいずれか、破たんするだろう。自然から学んで、そのシステムに従うならゼロエミッションは必ず成立する、と言う。その例を、100種、紹介している。イノベーションを試みている人の必読書である。

|

« レッドアイ航空便 | トップページ | 「嫌な」緊張感に突入 »

コメント

テッセンの可憐さと優雅さ健気さ。
古女房殿も過っては片鱗を所持していたのに?
師匠の感性に乾杯を
クレマチス 清楚に咲きて 憂い帯び
野の池に 巣造り忙し カイツブリ

投稿: 相棒 | 2013年5月23日 (木) 12時34分

相棒>
ほめてもらったんですよね?
貴殿は、素晴らしい俳句ができるようになって、最近は血圧が下がって、ヨカ、ヨカ。
自然を愛でる気持ちがなくなった時は、歳なんですから、血圧に気を付けましょう。
お互い様で!

投稿: ボケ爺 | 2013年5月23日 (木) 12時57分

奈良ではお世話になりました。ふと元気にされているのか気になりコメントさせていただきました。今年も扇風機を出さないといけない時期になりました。娘が暑い暑いと申しております。お風邪を引かぬよう、お体にはお気をつけください。

投稿: 小僧 | 2013年5月23日 (木) 20時50分

小僧>
ご無沙汰しています。文面から見れば、頑張っているようですね。
デザイニングファンを目指して、イノベーションを!
貴殿なら出来る、期待しているにだが?
環境問題は?
近々会いたいね>

投稿: ボケ爺 | 2013年5月23日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/57434952

この記事へのトラックバック一覧です: クレマチス:

« レッドアイ航空便 | トップページ | 「嫌な」緊張感に突入 »