« 都立小石川後楽園 | トップページ | 今さら日経の読み方 »

2013年5月31日 (金)

「近未来への招待状」

5月最後の日である。来週からは、2013年前半の追い上げの一ヶ月となる。アベノミクスもここにきて、疲れてきた?先ずは、財政再建が先だろうが。成長戦略も、「目的なくした手段」では、行き詰まってしまうだろう。

 文部科学省(科学技術政策研究所)主催の「近未来への招待状」のシンポジウムに参加してきた。ボケ爺も夢を見たいからだ。「ナイスステップな研究者2012」に選定された人々の発表会である。地震の科学から、エネルギー、物性、ゲノム、地球の誕生、まで幅広い。お金になるかと、聞いてはいけない。それは高度な科学だ。

①113番目の新元素の発見の苦労話、優しく抱き合える衝突が必要だとか。②ヒッグス粒子の謎の研究と世界的競争、まだまだ謎が深そうだ。③ゲノムに隠された謎を求めて世界タッグ、RNAがキー、RNAncタイプ、mタイプがあるらしい。④遺伝子の合成生物学の進歩で、今は、DNAに関係しない、新たな生物が誕生できるらしい。⑤シマウマの模様はどうしてできる?縞は、波動方程式で、動物(魚を含む)縞は作れる、と言う。⑥Mg合金で、燃えない、強い、画期的な金属ができたらしい。宇宙、航空部品の軽量化に貢献できる。⑦そして、地球は、星の屑から、月は、地球との衝突で出来た、とスーパーコンピューターを使ったシミュレーションで解き明かした、ようだ。

 いずれも、素晴らしい発表であった。文科省のオフィスは新しくなっているが、旧文部省の建物が残してあって、講堂は旧文部省の建屋であった。古い建物で、一種の威厳がある。

|

« 都立小石川後楽園 | トップページ | 今さら日経の読み方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/57497301

この記事へのトラックバック一覧です: 「近未来への招待状」:

« 都立小石川後楽園 | トップページ | 今さら日経の読み方 »