« ボストンのテロ | トップページ | B787近々再就航? »

2013年4月20日 (土)

日本経済再生の見通しは?

 昨日、「技術・経営シンポジューム」(社団法人、科学技術と経済の会の主催)を聴講した。朝から毒気にあたってしまった。と言うのは、大和総研のチーフエコノミストの某氏の内容である。「アベノミクス、政策はこれしかない」、と絶賛である。これで、日本の経済は復活だ!と言う。あきれた楽天?結果、企業の業績も良くなり、給与も上昇して、貿易収支も改善して債権も減少するだろう。と、古い資料を提示しての説明だ。アベノミクスは、浜田教授の説が基本であると言う。小生は思わず質問をした。

1) インフレは、需要があって、供給が追い付かない時に起きる、が、健全な経済であるはずだが?需要がなく、供給過多で、インフレを起こすことは、マネタリアンのバブル政策(金信用の遊び)であり、不純な政策ではないか?回答は:どんな方法でも、企業に金を用意すれば、何とかなる、と。

2) 円安にすれば、貿易赤字が解消できるというけれど、商品の競争力をなくして輸出できるものがなくなっている。これで、円安になっても売れるものはない、逆に輸入品が値上がりして、物価上昇となり景気は悪化。貿易赤字はもっと増えるはずだが?回答は;とにかく企業に資金ができれば努力するだろう、と言う。技術力の理解が乏しい。部品は強いが、GNPに占める割合は微々たるものである、のだが?回答なし。

3) 少子化、高齢化を考慮しなければ、つまり、内需が伸びないことを考慮しなくてよいのか?内需拡大がない中、公共投資は、更なる債務を生むのではないのか?回答は、少子化、高齢化は、先の話で、当面の影響はない、と断定した。ボケ爺はさらに質問をしたかったが、時間切れ。今も、需要がない(TVは、昨年比、67%減)にもかかわらず、考慮しなくてよいとは?摩訶不思議!

4) 商品の開発循環のスピードアップ、と商品を増やす、為に、規制緩和が重要な政策のはずだが、何一つ触れられないのは、なぜか?回答は、講演時間がなかったからだ、だと。

日本のエコノミストはこの程度だ。経済学者は、日本経済は救えない(こんな本があった)、と思う。マネタリアンではなく、ケインズ経済学の基礎に戻って論ずるべきではないだろうか?と、ボケ爺は考えるのだが?

|

« ボストンのテロ | トップページ | B787近々再就航? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/57212322

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済再生の見通しは?:

« ボストンのテロ | トップページ | B787近々再就航? »