« 痛風、発症の仕組み | トップページ | iPadに奮闘中 »

2013年3月31日 (日)

菜種梅雨の一日

 朝遅く起きる。菜種梅雨の雨で霞んでいる。借景の西の空き地には、大口黄水仙だけが元気に輝いている。昨日に続いて深いくもりに包まれた。思慮深い雰囲気がある。

花冷えで散るに散れない桜かな

 哲学的な気分に、と散歩に出かけた。久しぶりにチャーリーとの散歩道、それも最も遠回りを試みる。それにしても寒い。実篤公園の中道は、桜の絨毯が中途半端だった。森のテラスの階段を上り切った家には、真紅のシャクナゲが、一輪咲いていた。そう言えば、山吹の黄色はどの家も満開になっている。わが家の山吹はいつも遅い。

山吹のつぎシャクナゲが待つ

野川には桜とカワセミコラボあり

成城の野川緑地春うらら

 野川を通って、成城学園駅に出る。昼過ぎだ。どこのカフェテリアも満杯である。客の顔はなぜか、明るい。成城の街の街路樹が桜である。尽きることがない。

成城は桜トンネル似合う街

 仙川に戻ってくる。中通には、楽器を抱えた人々が行き交っている。小劇場あり、画廊あり、芸術の街である。ボケ爺にとって、汗気味になった約2時間の散歩であった。哲学は生れなかった。

<読書>

「最後に笑った男」上下 フリーマントル 新潮文庫

気晴らしに推理小説は如何ですか?ボケ爺、海外モノは苦手である。名前が覚えられないからである。

|

« 痛風、発症の仕組み | トップページ | iPadに奮闘中 »

コメント

久しぶりに師匠のブログを楽しんでいたら恐妻の罵声が飛んできた。
我慢我慢と我に言い聞かせて
明日から孤独な城廻の一人旅です
 

投稿: 相棒 | 2013年4月 3日 (水) 09時30分

相棒>
もうしわけありません。下手なBlogで叱られたのでは、割に合いませんね(笑、笑)
歴男を、ますます磨いてください。

投稿: ボケ爺 | 2013年4月 3日 (水) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/57075336

この記事へのトラックバック一覧です: 菜種梅雨の一日:

« 痛風、発症の仕組み | トップページ | iPadに奮闘中 »