« 冷たい北風 | トップページ | 頭髪が気になる »

2013年2月17日 (日)

流れ星

 

 流れ星には夢がある。しかし、隕石となると恐ろしい。先日のロシアへの隕石落下に驚いた。「地震・雷・火事・親父」に、隕石落下を加えなければならない。隣国で起きたことだと、冷静ではいられない。ロシアは以前にも今回より、はるかに大きな隕石の落下をシベリア森林地帯に経験している。衝突の衝撃で、径20kmに亘る大木がなぎ倒された。自然現象は刺激的である。

 

 と言うのも、年間、800個程度の隕石が地球上に降り注いでいる、と言う。直径100m程度以上は、検出出来て落下地点を予測できる、と言う。今回の様な、小型(直径、約17m)は、今は、人的に無能であると言う。秒速16m(東京大阪間30秒に相当すると言う)しかも、入射角20度と浅い。そのため音速の衝撃波で、建物の窓ガラスはスっ飛ばされた。1500人もの、怪我人が発生した。幸い軽傷者が多いと言う。

 

 この超音速波の被害より怖いのは、ロシアのこの町は、核施設、核武器の生産地であると言う。落下地点が数キロ違っていたなら、核爆発に至る可能性もあったであろう、と言われている。原子力発電の安全性に、隕石落下を付け加えなければならない、と言うことだ。

 

 更には、北朝鮮のミサイル開発も、気になる。北朝鮮が、日本の原子力発電施設を標的にすれば、日本は核汚染で一夜にして潰れてしまう。クワバラ、クワバラ!

 

|

« 冷たい北風 | トップページ | 頭髪が気になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/56784822

この記事へのトラックバック一覧です: 流れ星:

« 冷たい北風 | トップページ | 頭髪が気になる »