« 阪神淡路大震災の日に思う | トップページ | 頑固親父 »

2013年1月19日 (土)

ボーイング787運航停止

 航空技術家からすれば、素晴らしく、良くできた機体のB787が、内装基材で問題が起きている。ボケ爺が思い出すには、ボーイング747機が就航した時も、いろんなトラブルを起こしていた。就航3カ月後に、ユーヨークまで、747機に乗る機会があった。その機体も空調トラブルを起こしていた。至る所で雨漏りだ。

 B787にも就航2か月で、乗ったのだが、幸い何も問題はなかった。試験運転中だったからか?初期(多分3号機までの機体だったはずだ)の機体だったからか?素晴らしく乗り心地の良い機体であった。素晴らしいのは、空力学的安定性だが。このブログでも以前に感想を述べた。その時は、こんなに多くのトラブルを起こすとは思わなかった。残念なことだ。米航空連邦局も運航停止を指示した。

 電気系統のトラブルなのだろうが、この機体は、軽くするために、必要な場所の近くに動力が置かれている。今までは動力をセンターに置き、メカで接続していた。離陸、着陸時には、それらへの動力の指示が重なる。想定以上の重なりに制御電流が予想以上に流れざるを得無かったのか?制御設計に問題があるのか、ソフトバグのようだ。更に、過電流を保護する回路設計にもバグがあったのか? 問題は、B787だけで終わらない。この機体に使われている、部材は、半数以上が、日本製である。燃料漏れのバルブ、配管機材、リチウム電池、電機系のハーネス、センサ類、その他、等など、日本製かどうか、日本製でなければ幸いだが。日本の製造業が、B787を踏み台にして航空宇宙産業への、新たな成長の第一歩となる期待のB787であったから、産業界への打撃は大きい。既に、関連企業の株価も急落している。ボケ爺、このトラブルは真に残念だ。長期化の兆しではあるが、早い解決を望む。

|

« 阪神淡路大震災の日に思う | トップページ | 頑固親父 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/56575962

この記事へのトラックバック一覧です: ボーイング787運航停止:

« 阪神淡路大震災の日に思う | トップページ | 頑固親父 »