« リニューアル東京駅 | トップページ | 夜の帳(とばり) »

2012年9月28日 (金)

政治家のロジック

 このような事は言いたくもないけれど、世の中、ロジックが通用しないのかと、嘆かわしい。尖閣の、中国とのやり取り、言い分を聞いて、日本の政治家ジャーナリストは、まともに答えられていない?

1)中国:「歴史的に」みて、中国領土、所有だ! 日本;領土問題は、存在しない。これは、中国領土に対する答えになっていない。日本は歴史的に見て、領土だ、と証明しなければならない。

2)国連も、米国も、豪州も、英国も、多くの国が、日中の二か国間の問題、それでしか解決できない、と言っているのに、日本は、「世界の法に則って」、と言う。議論のすれ違いで、どこも国も賛同はしてくれない。アーミテージ氏も、沖縄返還時に、統政権は、日本に帰属する、となったが、領有権は棚上げになっており、二国間で解決すべきものとアメリカは考えている。と、当人が言明している。日本は、この解釈にどうこたえるのか?本日の中国の発言に、日本は反発権を行使した、と言うが、中国は、「日本は泥棒」、と言っているのに、日本は、「事前に国有化すると伝えた」と反論。これでは、反論にもならない。バカな日本人を丸出しにして大恥をかいている。

 これらの論理は、竹島にも通じる。議論がすれ違ってしまっている。それも日本の解答が連れた答えを出している。日本の政治家、ジャーナリストは、何を勉強して来たのか?これでは日本はグローバルで生きていけない。ボケ爺、日本は、世界の中で孤独な人種だと毎日嘆いている。政治のコメントは止めたいのだが、ついつい口出す悪い癖が直っていませんね。

|

« リニューアル東京駅 | トップページ | 夜の帳(とばり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/55767170

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家のロジック:

« リニューアル東京駅 | トップページ | 夜の帳(とばり) »