« うつ病の東京の梅雨 | トップページ | 続・悩む力 »

2012年6月30日 (土)

日本の本質的弱さ

 今日の、製造業の弱さは目に余るものがある。半導体、テレビ、携帯電話、タブレットPC、多分、自動車も時間の問題であろう。「Japan as No.1」と言われてから、10年も経ていなく、下落を始めた。

 色んなことが言われているが、どの説も、表層考察にすぎないと思う。個人スキルは昔と比べればはるかに優秀になっている。これは事実である。しかし、組織として発揮できていないのだ。その根本は、社会システムの変化に、日本は追従できていない、と思う。社会学、経済学としてのグローバルが追従できていない。韓国、アメリカ、欧州の黒船に、如何に対処したらいいのか?解らないだろう。幕末の混乱の組織体制の変化の本質が理解できていなかったように。

 戦後、共同体から出発した社会に、市場主義が入り込み、個人主義が隈なく進んだ。それに、幸福感が、金本位、となってしまっている。日本はそれに、社会として付いていけていない。企業は、オーナー時代から、サラリーマントップ時代に、政治も同じことだ。その変化に対して、共同体(組織)が理解できていなく、世界の変化に追従できていない。社会構造上の本質に、弱さがある。明治から昭和までは、共同体(組織行動)まで輸入したが、今は独自の共同体で、その呪縛から抜け出せていない。企業の株式会社も、日本独自の行動隊である。それが世界、グローバルと違っていても気がつかない。

 つまり、弱さの本質は、「組織上の構造にある」と、小生は思う。司馬遼太郎の「峰、上・中・下」の、長岡藩の河井継之助の幕末の活動から、読み解くことが出来る。心、実感としては改革の意味を理解していても、下流武士から、大老になってしまって、武士社会の呪縛から脱しきれなかった悲劇がある。薩長は、下流武士は、下流武士のまま、武士社会を壊すべく日本改革に奔放した。だから明治維新は薩長で、成功した。河井継之助の能力はとても高いが、武士の小市民性から脱しきれなかった。その違いが、今日の日本にもある。

 今の社会は、昭和復興時代の呪縛から、未だに脱しきれていない日本の姿である。企業は、マネージメント力に、個人能力を発揮させる近代化が必要だが?企業戦略に、参謀組織の活用が必要だが?韓国はいち早く、これを欧米から学んでいる。日本は無視している。製造業はオーナー企業文化の呪縛から、早く脱することである。

|

« うつ病の東京の梅雨 | トップページ | 続・悩む力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/55084575

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の本質的弱さ:

« うつ病の東京の梅雨 | トップページ | 続・悩む力 »