« 大飯原発再会論 | トップページ | ゲームを楽しんでみよう! »

2012年6月16日 (土)

茶番劇とは

 野田首相は、巧い劇作家である。それも茶番劇の作家である。国民がそれで騙されるだろうか?

 大飯原発は、何一つ修正する事、追加投資もせずして、大げさな議論の場を、もっともらしくでっち上げて、何度も、会議を開くこれ以上の議論は必要ないとさせて、賛同させる。「生活を守る」どんな生活を守るのか?福島の人々を助けることも出来なくて、「良く言うは!」との無責任劇。

 消費税も、野党の自民党とは、裏で、筋道は作り上げていて、期限ぎりぎりまで、もっともらしく、反対、修正などで、騒ぎ続ける。騙されるは、国民で、記者達(ジャーナリスト)も知っていて、その物語に協賛する。日本の未来を救うための歳出を削減する策は、全てを骨抜きにしてしまった。こんな茶番劇は止めて欲しい。その茶番劇の続きは、早目の解散、総選挙をするだろう。それは、第三勢力が準備の出来ないうちに。騙されないためには、総選挙を延ばすことである。国民の不満をもっとため込む必要もある。

 誰が日本の未来を真剣に考えてくれるのか?企業の未来も同じであるのだが、今のトップは無責任の集団だ。

<読書>

「葡萄物語」林真理子 集英社文庫

この作者の作品を読むのは、初めてである。少々退屈であったが、女性の「恋」とか「不倫感」との考え方は、ある程度、読み解けただろうか。多くの女性がそうだとするなら、あまりにも、身勝手な考え方だと、思うのだが。ボケ爺の僻みかな?

|

« 大飯原発再会論 | トップページ | ゲームを楽しんでみよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/54980867

この記事へのトラックバック一覧です: 茶番劇とは:

« 大飯原発再会論 | トップページ | ゲームを楽しんでみよう! »