« 気になる時事評論家 | トップページ | 電力を考える »

2011年9月21日 (水)

さんざんな日

 東京は台風の襲来で、さんざんな日となってしまった。11時ごろまでは、ビッグサイトでは、風も雨も弱いものであった。14時半にビッグサイトを出たときは、雨は弱く降っていたが風は少々強くなっていた。

 東京駅について、新幹線改札口近くは、人で溢れていた。運行していないからだ。ボケ爺も関西に出張の予定であったが、諦めて事務所に戻って、ホテルのキャンセル、明日の会議の中止など手配し、メールなど整理していたら、4時半頃となって、外は雨が強くなってきたので早めに返ることにした。ビルの窓から見る限り台風の影響はそんなに大きくは感じなかったのだが。

 地下鉄で、帰宅を急ぐのだが、笹塚で下ろされる。6時になっていた。京王線は全面運行中止。駅の改札口まで溢れている。壁にもたれる事は当然叶わない。引き返して、会社契約のホテルに泊まろうと、戻ろうとしたところ、新宿で、地下鉄の運行中止。PCで、ホテルを探し、10箇所ほど電話しても全て満杯。意思決定の早い人が多い。

 2時間ほど、運行停止した電車の中でウトウトしていると、開通したとの放送。満員御礼の電車でやっとの思いで帰宅。9時になっていた。ご苦労さまでした。

<読書>

「楽し句も、苦し句もあり、五・七・五」東京やなぎ句会編 岩波書店

句会が五百回、42年間続いた、と言う。すごい歴史である。句会のメンバーは、本職ではない、趣味の域を出ない愉快な人々。大体、一ヶ月に一回、17文字であるから、17日に開催。句会への飛び入りを歓迎して著名人が参加しているようだ。本の中身は、それは、それは、抱腹絶頂。楽しいやら、可笑しいやら。

|

« 気になる時事評論家 | トップページ | 電力を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/52794587

この記事へのトラックバック一覧です: さんざんな日:

« 気になる時事評論家 | トップページ | 電力を考える »