« 日本画の前衛 | トップページ | 雪不足? »

2011年1月31日 (月)

政局より政策を

 NHKのニュースが、国会議会の報告よりも、アジアサッカーの報道を優先する事など、許せることだろうか?NHKが顧客に迎合している姿も許せないが、政治もだらしが無い。

 サッカーの勝利の要素に、監督と言うリーダーの重要性が今更注目を集める事は無かったのだが、やはりリーダーは重要だ。果たして、今の民主党は如何なものか?ビジョンが語れない。公約は全て無視して、国民を裏切っていても、閣僚、議員全員が無視。政局だけに注目している。全く無責任だ。野党は野党で、政権奪回だけが興味で、与党の揚げ足を追っかけている。政策論は出てこない。

 与党内がここまでまとまり無い政党は今まで無かったのではないだろうか?与党内での議論、審議はほとんどされていない。日本を良くしよう、など考えていない。人の好き嫌いで、愚痴を言い合う酒場だけが繁盛している。

 菅総理の発言は何時聞いても、ロジックがはっきりしない。ここまでロジカルでない人と議論すると疲れるだろう。首相夫人も「こんな夫を首相にして良いのか」と言いながら権力にしがみ付いて、夫のしりを叩いて、夫婦で首相を務めるのも始めてのことだ。先日も国債の格付けが下がった質問に、「疎いので・・」と発言。その非難に対して言葉の意味が違うと弁明に走る。国語が分からないし、まして経済も知らない、と自分で言う首相を、我々は放任していてよいのだろうか?今までに何回の弁解をしているだろうか。

 国民は諦めている、と言うことか?抗議の行動も起こさない。これが20年前の若者たちであれば、抗議行動を起こしていたのではないだろうか?そんな意味で、国民にも責任がある。政策がいい加減でも、国は荒れることなく納まっている。不思議な国だ。

 寒々と 飽きることなく 政局に

<読書>

「時雨みち」藤沢周平 新潮文庫

やるせない時局には、優しい、淡い物語が気持ちを癒す。短編集である。関連の短編に「時雨のあと」がある。

|

« 日本画の前衛 | トップページ | 雪不足? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/50741188

この記事へのトラックバック一覧です: 政局より政策を:

« 日本画の前衛 | トップページ | 雪不足? »