« ネイチャーテクノロジーに期待 | トップページ | ショッキングな出来事 »

2010年9月25日 (土)

日中米間の駆け引き

 日本の政府はこんなに、何も行動できないのかと、飽きる、と共に悲しくなる。無策なら、能力の問題だから、仕方がない。能力の無い企業が腐って破綻することや皆も納得である。しかし、」無策ではなく無責任ならどうか?これは由々しき状態である。

 今回の日中問題(尖閣諸島沖の事件)の駆け引きに、各閣僚は無責任である、発言の意見が全く統一されていない。那覇地検が独自な判断で、船長を釈放してしまった。菅首相も、岡田外相も、国土省大臣も、法務省も、官房長官も「地検がやったことで、我々には責任は無い」、と言う。

那覇地検の言い分が、「日中間が険悪な事になってきたので」である。地検は政治問題に口を挟んではならない。現実を粛々と検証するだけである。その後の判断は、政府にあるはずを無責任にも政府判断を独自で行ってしまった。地検も政府も、立法の憲法を無視して、無責任な発言をして平気である。

 昨日の釈放の理由なら、もっと早く釈放出来たはずだ。拿捕の理由に自信があると言ったが、実は自信がなかったのだ。ビデオがあると言うなら、何故ネットに流さないのか?中国が見れば一目瞭然となる。大阪地検で起きた村木局長検挙と同じように、保安庁の操作ミスを隠蔽するためだったのか?責任者は東京にて無関心、無視をし、誰かが何とかするだろうと、無責任だ。「日本国は無責任集団だ!」さて、ジャーナリストは何所まで政府を責められるのか、に注目である。

 フジタの事件がタイミングよく起きてしまった。どう見ても日本のフジタに分が悪い。契約課題や、活動場所など、日本人は他国で仕事することの甘さがある。これも無責任から来る。国や国民が困る事を知らない。 自分だけが毎日老酒が呑めれば良いのだ。

 中国は、アメリカに日本を支援させないように、甘い汁を与えて、日本引き剥がし戦略に出てきている。アメリカも中国との関係は重要だし、日本に普天間で金を出させるために、日本を横目でにらむ戦略に出てきている。無関心無責任の政府や、官僚のシンクタンクはボケばかり。ボケ爺だけでなく、国民もボケばかり。

 問題が発生した時、すぐに、小沢氏を派遣して問題解決に働くべきであった。尖閣諸島も、中国に取られるのも時間の問題だ。日本国として、政府は、「とんでもない失態」をしてしまった。筋が通らない、ロジックもない。戦略を持たない日本は、何所まで堕落してしまうのだろうか?菅閣僚には、官僚も含めて日本を守れない!

 ボケ爺の考える今日の日本は、無関心無責任が最大の悪であると繰り返す。失われた20年も同じである。自分だけがよければ良いという無責任さである。

|

« ネイチャーテクノロジーに期待 | トップページ | ショッキングな出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/49555587

この記事へのトラックバック一覧です: 日中米間の駆け引き:

« ネイチャーテクノロジーに期待 | トップページ | ショッキングな出来事 »