« 「降り方」の心得 | トップページ | 香港、珠海(Zhu Hai)、深センへの出張 »

2010年1月16日 (土)

神戸空港

 朝早く、羽田空港に到着、神戸行きのスカイマークエアーラインにチェックインを終えて、フライト時間を待っている間、カウンターを見学して、事態を見守った。JALのカウンターは閑散としている。ご承知のように、JALは会社再生法により再建されるようだ。株価も7円と言う。

 神戸あたりは新幹線を利用していた。主には、運賃による。しかし、驚いたことに新幹線よりも安い、しかも早いのだ。考えを変えなくてはならない。JALや、ANAがそんな運営が、何故出来ないのか?カウンターで働く人も、ゲートでも、同じ人である。海外では当たり前なのだが、JALや、ANAは違う。キャビンアテンダントのユニホームも、カウンターなどと、同じであり、原価低減に努めていることが分かる。機種も統一されているようだ。

 神戸空港は始めての経験である。寂しい空港である。本当に、大阪近くに3空港も必要なのだろうか、と疑ってしまう。JALや、ANAの経営を圧迫している理由に、47箇所もの日本の空港の投資の返済を担わされているからだろう。JALも行政の貧困が生んだ犠牲者である。行政の貧困は、日本国、つまり日本人論で言う、日本辺境論で解き明かされている。

 ポートアイランドも人が少ない、港湾は静である。神戸の住人が言うには、15年前の阪神淡路地震のためだという。地震による港湾のダメージは大きかったという。釜山に取られてしまったのである。未だに港湾産業が回復出来ない経済状況は、これも行政が悪いのだ。戦略がないからだ。

|

« 「降り方」の心得 | トップページ | 香港、珠海(Zhu Hai)、深センへの出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/47311184

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸空港:

« 「降り方」の心得 | トップページ | 香港、珠海(Zhu Hai)、深センへの出張 »