« 今、大物リーダが居ないのか? | トップページ | 2010年元旦 »

2009年12月31日 (木)

大晦日に思う、日本は島国か?

 何度も繰り返して、申し訳ないのだが、このままの日本で良いのだろうか?ジャパンアズナンバーワンといわれた時代を知るボケ爺には、その頃の日本人の生き生きした顔、自信を取り戻したい。大晦日の今考えている。

 日本は、島国根性の偏屈な国民なのだろうか?織田信長は武将として、日本国統一を試みていたのだろうか?中国と対等な「皇帝国家」を作り上げようとしていたのではないだろうか?ボケ爺は、織田信長の壮大な「夢」が好きである。

 「日本辺境論」内田樹 新潮新書がベストセラーらしい。「日本人とは何ものか? 鍵は「辺境」にあり!」と言う。辺境とは、中心から最も離れた周辺地域、と言うことである。中央が、中心が存在していなければ、「辺境」と言わない。日本人は所詮、辺境人と潜在的に思っていたらしい。(これが、世に言う島国根性に繋がるのか?)

「日本人は辺境人」とは多くの人が語っていたようだ。1)丸山眞男の「辺境人の性格論」、2)沢庵禅師の「辺境人の時間論」3)養老孟司の「辺境人の言語論」他、日本人論を「俯瞰した」分かりやすい著書となっている。

 辺境日本人の宿命は、1)キョロキョロ、2)他人との比較で云々、3)空気で理解、4)被害者意識、5)物まね得意、などであろうか?著者は、日本は絶対に、中心思想は作りえないと、結論する。こうなったらとことん辺境人で行こう、とも提案している。

 ボケ爺も思う、これだけ長く日本国を形成してきているのだから何か良い物を持っていると思う。決して「強国(普通の国)」になろうとせず、継続して生き続けられる国として存在できる「何か」を見つけよう。日本気質の一つ、「出るくいは打つ、撃たれる」を大切に、世界の変調に併せて、「敵」を作らず、と言うところだろうか?産業界も、独自技術と言わず、「物まね」を復活させ、「辺境の改善」をする事がいいのかもしれない。

しかしながら、平成鎖国はもう限界だ。グローバルと言う黒船に目を覚まそう。辺境は辺境らしく、世界をキョロキョロ見渡すことが肝要だ。そこが先ず第一歩だ。

 これが2009年の結論だ。2010年の大きな課題が見つかったような気がする。

|

« 今、大物リーダが居ないのか? | トップページ | 2010年元旦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/47161060

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日に思う、日本は島国か?:

« 今、大物リーダが居ないのか? | トップページ | 2010年元旦 »