« 師走 | トップページ | 仕事納め? »

2009年12月28日 (月)

漆工芸(ジャパン?)

 帰国した当時は寒波が押し寄せてどうなる事かと思っていた。田舎のお袋が、入院しているので、見舞いに行った。以前のような危機的状況は脱したようだ。その時の新幹線からの車窓は、富士山が、その寒波のおかげで美しく観えていた。

 

平塚市

近くの平野からの富士山は、東の崩れも雪が積もって、雪の白さの陰影に、思わず感激の声を出しそうになった。富士宮駅を過ぎてからの富士山は、完全に全景が見える。やはり美しい。日本は富士山を誇りとして、富士山を日本人は、日本の故郷と思うことに、異存を挟む人は少ないと思う。ボケ爺も海外生活で、富士山を意識するようになった。

 日本の誇る工芸品に、「漆」をあげる事に異存を挟む人も少ないと思う。漆は又の名を「ジャパン」、とも言われると言う。タイミングよく、「漆の文化史」四柳嘉章 岩波新書が発売になった。ボケ爺はITと日本工芸(美術)とを結びつける新しい美術に挑戦しようと思っていることは、すでにこのブログで告白している。その中から、漆に大変に興味を持っている。自然な有機接着剤でも在り、塗装剤でもある。縄文時代からの工芸である。

 そんなことを風潮していたら、首都大学東京、社会科学研究所の方から、「伝統産業におけるイノベーション:株式会社阪本乙造商店の事例」と言う論文を送ってきてくれた。阪本乙造商店は漆工芸を産業化、工業化に挑戦している姿が、鮮明に述べられていた。美の付加価値と、環境課題の解決から、この漆が工業化でイノベーションの中心になること、ボケ爺、請け合いである。更なるチャレンジに心強い味方を得て、楽しみが増えてきた。

|

« 師走 | トップページ | 仕事納め? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/47138780

この記事へのトラックバック一覧です: 漆工芸(ジャパン?):

« 師走 | トップページ | 仕事納め? »