« イノベーションのあり方 | トップページ |  寒さがしみる »

2009年10月31日 (土)

技術イノベーションのジレンマ

 イノベーションのジレンマとは、「イノベーションのジレンマ」クレイトン・クリステンセン 翔泳社 2001年」から来ている。ここでのイノベーションは「技術革新」を指す。それは、経済学者シュンペーターの「破壊的革新」に通じる。

 先行している企業がいつまでも、優位の立場に居れない、と言う事を、HDDの商品開発の歴史で解析している。顧客が要求する仕様(品質)レベルに幅があるからだ。技術革新は業界マップを簡単に塗り替える。そんな例はいくつもある。半導体のDRAM然り、太陽電池然り、TVLCDパネル)が然り、携帯電話が然り、一時は日本が天下を取った、と騒いでいるが、日本は当分、立ち上がれない。

 今では、自動車産業においても、アメリカ、中国市場で、韓国の「現代自動車」に追い上げられている。韓国製EV車も、日本で、100万円で買えるように、売る込みが進んでいる。その重要な技術のリチウムイオン電池も、韓国勢に追い上げられて、日本が80%の市場を持っていたが、50%に落ちていると言う。20%ほどの差まで追いつかれている。これがイノベーション・ジレンマである。

 日本のイノベーション・ジレンマの、諸悪の根源は「カイゼン」「ヒンシツ」の呪縛に気が付かない事である。これこそ日本と、モノづくりの最大の強みたと強調するやからが多すぎる。この特長から「商品競争力の低下」は説明できない。顧客が認める以上の過剰ヒンシツ製品が多すぎるのである。「トヨタのカイゼン」、「タグチのヒンシツ」の呪縛に気がつき、開放される日はいつになるのだろうか?

真に必要な技術と、勝てる技術とは、「コモディティ化の前の低原価開発力」である。そのためには、ロングテールな開発プロセスからの脱却である。言い換えると、過去を捨てる勇気を持った開発プロセスでなければならない。

 <日本「半導体」敗戦」湯之上隆 光文社>にも、半導体の敗戦の実態が暴かれている。ボケ爺と経験と同じように、「過剰ヒンシツのニッポン」の呪縛からの開放を克明に解析している。又期待をもしている。

|

« イノベーションのあり方 | トップページ |  寒さがしみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/46629858

この記事へのトラックバック一覧です: 技術イノベーションのジレンマ:

» 日本「半導体」敗戦 [中小企業診断士えんさんの視点!]
 ここ最近、「日本企業は技術で勝って、なぜ経営で負けるのか?」をテーマにした書籍 [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 22時05分

« イノベーションのあり方 | トップページ |  寒さがしみる »