« 百日紅の花 | トップページ | すご~い!藍ちゃん »

2009年7月26日 (日)

VSOP

 日差しが弱くなったので、ジョギング出かける。入道雲が西北に大きく発生している。きっと今夜は、金浦空港付近は雷に見舞われるだろうか。サッカースタジアム近くの公園に仕切りが出来て、黒松の林に、ビーチパラソルが一杯である。なんと、駐車場にビニールの臨時プールが大小5つほど作られている。のどかな夏休みである。

 経済は底をついたが、上昇の加速は見当たらないと、言う。日本では解散がやっと行われた。気になる選挙である。「賢い政治家と、実行力ある経営者」が日本を救うだろう。国民の選択が、「賢い政治家」を選んでくれることを願う。

「実務家たちは過去に経済学者の奴隷である」と言うのはジョン・メイナード・ケインズである。「規制緩和、減税、民営化」を期待するなら、ミルトン・フリードマンの奴隷である。「金融緩和、財政出動」に期待するならば、ケインズの奴隷である。アメリカでは、自由競争、市場万能視する新古典派か、市場の不完全性を前提とするケインズ派か、いずれに与するか、が話題となる。ニッポンの経済学者は、そこのところが曖昧で、いつもふらふらしている。「創造的破壊(技術革新)」に期待する人は、シュンペーターの奴隷で、先行投資の好きな経営者のである。

 VSOPとは成熟した芳醇な香りを放つブランデイのようである。V:バイタリティー、S:スペシャリティー、O:オリジナリティー、P:パーソナリティー、こんな実務家を選択するべきである。政治家でも、経営者でも。選挙においては国民に人格が、経営者の後継人事には、選ぶ社長の人格が、全ての場において、選ぶ側に人格が問われている。

<読書>

「何故、その人を好きになるのか」山口洋子 集英社文庫

女が男を嫌いになるのは、本の些細な事であり男はいつも勘違いをする、と。勇ましい。好かれるノウハウなど、何所にも書かれてはいない。気の抜けない楽しいエッセイである。詩人としての冴えのある文章、文体は羨ましい。このセンスがないと好かれないのだ。ならば、ボケ爺諦めるしかない。

|

« 百日紅の花 | トップページ | すご~い!藍ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/45750447

この記事へのトラックバック一覧です: VSOP:

« 百日紅の花 | トップページ | すご~い!藍ちゃん »