« すご~い!藍ちゃん | トップページ | 「蒸す」効果 »

2009年7月29日 (水)

母のこと

 昨日の日本経済新聞の夕刊のコラムで、作家の荻野アンナ氏が「医学の日本語」と言うコラムを載せられていた。これを呼んで、母のことが急に気になった。

 母は数年前に、一人でボケ爺の生家で暮らしていたのだが、ノドに食べ物を詰まらせて、病院に入っていた。その間に、長男が自分の家として建て替えを始めた事と、無事に退院したのだけれど、介護が必要と言う事で、介護センターにお世話になっていた。今年の初めに、微熱が出始めて、肺炎の疑いがあるということから、再び、入院する事となった。

 退院できるところまで来ていたが、この鬱陶しい梅雨時は老人には、辛く、疲れたのだろう、再び、微熱が出て様子を伺っている。7月の初めに、日本への出張時に見舞いに行って驚いた。想像以上に弱っていた。病名ははっきりしていないらしい。

 作家、萩野アンナ氏のお父様はやはり微熱のために入院されているらしい。フランス人である。日本語が出来ないらしい。看護師の手作りの英会話メモが置かれ、老人はニコニコされて、慰められているらしい。「ありがたい」と言う。医師はあらゆる治療を検討してくれているらしい。複数の治療の可能性があり、一つの治療法について、身内との打ち合わせは、2時間にも及ぶらしい。「親切に受け答えしてもらえ嬉しい」と言う。

 それに引き換え、ボケ爺、母に対して十分な介護や、治療について主治医との打ち合わせも行っていない。熱の原因も、治療の内容も知らない。申し訳なく、思わず日本の方に向かって、頭を下げてしまった。

|

« すご~い!藍ちゃん | トップページ | 「蒸す」効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/45779044

この記事へのトラックバック一覧です: 母のこと:

« すご~い!藍ちゃん | トップページ | 「蒸す」効果 »