« 日本の将来 | トップページ | 不易流行 »

2009年7月11日 (土)

B級人生

 ご当地Bグルメの発掘、競争が盛んであるようだ。A級品とB級品との境目が何であるかは、曖昧であるが、ワンコインか、せいぜいツーコインで食べて、「旨い」とうなるような品物を言うのではないかと思っている。ソース焼きそば、餃子、うどん、汁焼きそば、おでん、などなど、当地自慢が出来て、地元の活性化に寄与しているのであるから、B級品といえども、経営から見れば、その商品はA級ビジネスである。

 日本経済新聞の夕刊に、京都銀行頭取の柏原 康夫氏の「まだ上がある」でコラムが載っていた。「わが身を顧みると常にB級の道を歩んできたように思う」と謙遜されていた。父からは「まだ上がある」と激励を受けておられたらしい。

 さて、ボケ爺の人生は、どうだろうか、B級品(安物)であり、働きの能力もB級グレードと評価される。ここでは、C級が位置づけられていないのが幸いである。日本人は、好きな、「松竹梅」がある。近年、必ずしも、「竹(中流)」で居られる安心感がなくなり、悩むことで心の安定を欠いている。

 これかの残り少ない人生も、B級品であることには全く疑う余地はないけれど、それなら、これまでの専門を生かし最後の仕上げとするのか、まったく違った生き方にチャレンジするのか。開き直って考えてみたい。「人間到るところ青山あり」は好きな言葉である。

<読書>

「用心棒日月抄」 藤沢周平 新潮文庫

江戸時代の嫡男以外のB級人生の生き様を描いている。今で言う、ハローワークへ通う生活の毎日である。アルバイト先で起きる事件の喜怒哀楽が楽しい、人生にはいろんなことが起きることも楽しめる。

|

« 日本の将来 | トップページ | 不易流行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/45597090

この記事へのトラックバック一覧です: B級人生:

» 香港HSBC口座開設無料レポート [香港HSBC口座開設サポート]
今だけしか手に入らないHSBC口座無料レポート! HSBC口座開設は自分でできます! [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 09時46分

« 日本の将来 | トップページ | 不易流行 »